現金受取までに何日かかる?着物買取の現金受取方法と受取までにかかる時間

2018年4月20日

現金受取までに何日かかる?着物買取の現金受取方法と受取までにかかる時間

本やゲームを売りに出したことがある人は多いと思いますが、買取店に持っていけば、その場で査定をしてもらえ現金も受け取れるので便利ですよね。

着物も同じように、着物買取の専門業者に買取を依頼して現金化することができます。

しかし着物は、産地や作家によってはとても高額になることがあります。

思った以上に高額になった時は「その場で現金を受け取れないの?」「売った時のお金に税金がかかるの?」など、心配になりますよね。

そこでこのページでは、着物買取の現金受取方法やタイミング、受け取った買取金額に税金がかかるかなどを紹介していきたいと思います。

現金受取方法は買取方法で違う

現金受取方法は買取方法で違う

期待せずに着物を売った場合でも、買取金額がついたらやっぱり早く現金を受け取りたいですよね。

着物を売った時の現金の受取方法は、買取方法によって違い、すぐに現金が受け取れる方法と現金の受取までに数日かかる方法とがあります。

買取方法ごとの現金受取方法

着物買取専門業者には「出張買取」「宅配買取」「持込買取」の3つの買取方法があります。

3つのうち、すぐに現金が受け取れる買取方法は、出張買取と持込買取。

この2つの買取方法の場合は、提示された買取金額で良ければ、買取手続きをすれば、その場で現金が受け取れます。

買取方法ごとの現金受取方法

残る1つの宅配買取の場合は、着物を買取業者に送って査定してもらうので、買取業者に着物が到着して査定が済んだ時点で買取金額の連絡があり、その金額で良ければ、指定した金融機関へ振り込んでもらっての受け取りになります。

そのため宅配買取の場合は、現金の受取までに1週間前後の時間がかかるのです。

現金受取方法(宅配買取)

買取金額の受け取りには本人確認書類が必要!

どの買取方法の場合も、買取が成立して現金を受け取る時に、本人確認ができる身分証明書の提示またはコピーの提出が必要です。

本人確認書類として有効な主な書類は下記になります。

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード(写真付)
  • 特別永住者証明書
人確認書類として有効な主な書類は下記になります。

着物買取専門業者によって、利用できる本人確認書類は違うので、上記のものを持っていない場合は、申し込みの時に聞いてみましょう。

また、引っ越しをして住所の書き換えをしていないという場合は、現住所に住んでいることを証明できる、公共料金の領収書のコピーや賃貸契約書のコピーなどの提出が必要です。

本人確認書類は、出張買取と持込買取の場合は、買取手続きの際に提示を求められます。

宅配買取の場合は、着物を梱包する時にコピーを同封するか、公式サイトでマイページの登録をしてマイページからアップロードするかのどちらかで提出します。

また、宅配買取の場合は、本人確認書類が確認できた時点で振り込みしてもらえるので、うっかり同封し忘れたりアップロードできてない場合、確認ができるまで現金を受け取ることはできません。

出張買取と持込買取の現金受取までの流れ

出張買取と持込買取の現金受取までの流れは以下になります。

出張買取の現金受取までの流れ
持込買取の現金受取までの流れ
電話またはメールで申し込み

電話で日程調整

自宅で査定

買取額提示・買取意思確認

本人確認書類の確認

現金受取
電話またはメールで申し込み

電話で日程調整

店舗に持込・査定

買取額提示・買取意思確認

本人確認書類の確認

現金受取

宅配買取の現金受取までの流れ

宅配買取の現金受取までの流れは下記になります。

宅配買取の現金受取
までの流れ
電話またはインターネットで申し込み

梱包キットの受け取り

買取依頼書の記入

梱包
(本人確認書類のコピーを同封)

集荷依頼

着物買取専門業者による査定

電話またはメールで査定額連絡

査定結果に返答

指定した金融機関で買取金額の受取

買取金額を振り込みで受け取る時の注意点

買取金額を振り込みで受け取る時の注意点

出張買取と持込買取はその場で現金を受け取れるので、とくに注意することはありませんが、受け取った金額が合っているかどうかをその場できちんと確認するようにしましょう。

また、宅配買取の場合は、以下のことに注意が必要です。

口座名義は本人名義に限られる

宅配買取の買取額の受け取りは、指定する金融機関の口座に振り込みをしてもらって受け取るのですが、提出した本人確認書類の名前と同じ名義の口座でないと受け取ることはできません。

また、指定できる口座は普通預金の口座だけです。当座預金口座への振り込みはしてもらえません。

振り込みはどの金融機関でもOK?

振り込みはどの金融機関でもOK?

宅配買取の買取額の受け取りは、どこの金融機関でもいいので、自分の都合のいい金融機関を指定することができます。

金融機関の登録は公式サイトのマイページから登録するところと、買取依頼書に振り込み先を記入するところとがありますが、支店名や番号を間違えないように記入しましょう。

また、ゆうちょ銀行を振込先に指定する場合は、注意が必要です。

ゆうちょ銀行の通帳には、記号と番号が記載されていますが、振込をしてもらう場合は、振込用の店名と口座番号が必要で、記号と番号を記載しても振込みされません。

その場合は、買取業者から連絡があり、再度振り込みをしてくれるので安心してください。(再手続きをしてもらっても、手数料はかかりません)

ただし、買取金額の連絡に一定期間を超えても返答しない場合、着物を処分されてしまうこともあるので注意しましょう。

着物を売った時に受け取った現金には税金がかかる?

着物を売った時に受け取った現金には税金がかかる?

たいした金額にならないと思っていた着物が思いがけず高額で、現金を受け取った時に「所得として申告しないといけないの?」と、ふと不安になった人もいるのでは?

答えは、金額によります。

基本的に、生活必需品とされている衣類は、課税対象にはなりません。

そのため、着物も衣類なので、売っても申告する必要はないといえます。

しかし、査定額が高額になりやすい有名作家の着物や有名産地の織物、希少性の高い着物などは美術工芸品としてみなされることもあるので、注意が必要です。

貴金属や宝石・美術工芸品などを売った場合、売却価格が1つにつき30万円を超える場合は、課税対象になります。

また、金額によっては、雑所得として申告が必要になる場合も・・・

雑所得とは

雑所得とは、所得に対する課税所得の区分の1つです。

所得として課税対象となるものは、利子所得・配当所得・不動産所得・事業所得・給与所得・退職所得・山林所得・譲渡所得・一時所得の9つに区分されています。

そのどれにもあてはまらない所得を「雑所得」といい、着物を売った利益は雑所得に該当します。

ただし、雑所得として申告の必要があるのは、1年間の収益が20万円を超えた場合です。

1年間の収益が20万円を超えたら課税対象?

1年間の収益が20万円を超えたら課税対象?

買取店やオークション・フリマアプリなどで着物を売った収益とは、売れた金額から経費(送料や通信費など)を差し引いて残った収益の1年間分の合計額のこと。

合計金額が20万円以下の場合は、課税対象にはなりません。また、20万円を超えた場合の課税対象者は、給与所得者の場合です。

そして、年末調整している場合は、原則確定申告が不要のため、着物を売って一時的に収益を得た場合でも気にする必要はありません。

着物を売っても、よほど希少性の高い着物をたくさん持っていない限りは、税金がかかることはないので、安心してください。

クーリングオフした時は返金しないといけない

クーリングオフした時は返金しないといけない

着物を売った後に税金がかかるかも心配ですが、クーリングオフした時に受け取った買取金額のことも気になりますよね。

着物買取専門業者で出張買取を利用して着物を売った場合は、買取後8日以内ならクーリングオフができるので、買取を取り消すことが可能です。

しかし、すでに受け取っている買取金額は、全額返金しなければいけません。

でも、どうやって返金すればいいの?と思った人もいますよね。

クーリングオフした時の返金方法は、クーリングオフの手続き後、着物買取専門業者が指定する金融機関へ振り込めばいいだけです。

返金する時の振り込み手数料は自己負担?

クーリングオフをして返金する時に、買取業者の人に会わなくていいのは、気持ち的にとても楽ですよね。

でも、受け取った買取金額によっては、振込手数料の負担も大きくなることもあるので、返金時の振込手数料を自己負担しないといけないなら、売ってしまおうかと迷っている人もいると思います。

でも大丈夫。気になる振込手数料は、クーリングオフの場合、着物買取専門業者の負担になります。

そのため、受け取った買取金額から振込手数料を差し引いた金額を、指定された口座に振り込めばいいだけなので、安心してください。

その場で現金受取が可能な出張買取がおすすめ

出張買取か持込買取を選べば、目の前で査定してもらえる上に、その場で現金が受け取れるのでおすすめ。

また、宅配買取の場合でも、着物を送ってから1週間ほどで、自分の口座に振り込みしてもらえるので、忙しい人でも簡単に現金の受け取りができます。

きちんと査定してもらえて、自分が納得できる金額で着物を売ることができるので、着物を売る時は着物買取専門業者を利用するといいですね。

着物買取業者選びに迷ったらどうすればいい?

着物買取業者選びに迷ったらどうすればいい?

着物買取業者がたくさんありすぎて、どこを選べばいいのか迷ってしまいがち。

「着物売るガイド!」では、着物買取業者を徹底比較して特徴などを分かりやすくまとめたものを、ランキング形式で掲載しています。

着物買取業者選びに迷った時は、ぜひ一度チェックしてみてください!

おすすめの着物買取業者ベスト5を見る