秋田県で着物を売るならどこがいい?おすすめの着物買取店13社を紹介!

2019年5月23日

秋田県で着物を売るならどこがいい?おすすめの着物買取店13社を紹介!

秋田県で着物を持込で買取してもらえるところを探している人もいると思いますが、正直、秋田県内には、着物の持込買取をしているところは多くはありません。

でも、大事にしてきた着物は、できるだけ高く買取してもらいたいですよね。

そんな人のために、このページでは、秋田県で安心して任せられ、高額買取も可能な会社を厳選して紹介しています。

着物は売るところによって買取価格が大きく変わることもあるので、秋田県で着物を売るときの、買取業者探しの参考にしてください。

秋田県で安心して任せられる着物買取店は?

この章で紹介する5社は、出張買取・宅配買取といった方法で、秋田県全域に対応している買取業者を紹介しています。

近くに持込できるところがない、少しでも高く売りたいという人におすすめです。

全国展開しているおすすめの着物買取業者

バイセル

バイセル

" おすすめポイント "

  • 申込みから自宅訪問まで最短30分!
  • 24時間365日いつでも申し込み可能
  • 他店で断られた着物でも買取OK!

バイセルの特徴

バイセルの買取方法は3つあり好きな方法を選べますが、なんといっても全国対応している出張買取がおすすめ。

バイセルの特徴は、とにかく対応が早いこと。

タイミングが合えば、即日の出張買も可能で、早ければ最短30分で来てくれることも…

24時間365日いつでも申し込め、土曜・日曜・祝日でも出張買取に来てくれるので便利です。

さらに、バイセルでは、汚れていても古くてもどんな種類や状態の着物でも査定してくれるので、他社で断られたものでも買取してもらえることもありおすすめです。

買取プレミアム

買取プレミアム

" おすすめポイント "

  • 他店より買取金額が1円でも安ければ全品返却が可能!
  • 出張買取は不安という人も安心!女性査定員の指名ができる
  • 取引後のアフターフォロー体制も万全!

買取プレミアムの特徴

買取プレミアムはバイセルと同じ会社が運営している、姉妹のような買取業者です。

スピード重視の買取.jpに対し、丁寧できめ細かな対応をしているのが特徴で、高額買取にも力をいれています。

買取プレミアムの買取方法も3つありますが、やっぱり出張買取がおすすめです。

買取プレミアムの出張買取は、依頼者が女性の場合に限り、女性の査定士を指名できるので、一人暮らしの女性でも安心して申し込むことができます。

ヤマトク

ヤマトク

" おすすめポイント "

  • 宅配買取だから箱に詰めて送るだけ!
  • 全国どこでも対応可能!送料・査定・振込手数料が無料
  • かんざしや扇子などの和装関係、どんな小物でも買取可能!

ヤマトクの特徴

ヤマトクは1990年(平成2年)設立のわりと古くから着物の買取をしている、実績のある宅配専門の買取業者です。

ヤマトクの特徴は、なんといっても24時間365日対応で、宅配なので、いつでも好きな時に自分のタイミングで買取をしてもらえるということ。

荷造りする時に意外となくて困るガムテープも、無料の宅配キットに入っているので、申し込んで箱に詰めて送るだけで、一切手間がかかりません。

福ちゃん

福ちゃん

" おすすめポイント "

  • 古い着物や状態の悪い着物でも高く売れる!
  • 着物以外の帯や小物も高額で買い取ってくれる
  • 今なら買取金額が最大20%アップ!キャンペーン実施中

福ちゃんの特徴

福ちゃんは、2014年(平成26年)設立の会社ながら、買取実績はすでに200万点以上を誇る着物買取専門店。

とくに出張買取には、力を入れていて、47都道府県すべてのエリアをカバーしています。

しかも、まだ買取対象エリアになっていない地域への買取も拡大中。

口コミの評判も非常に高く、初めて申し込む人でも安心して申し込める買取業者です。

ザ・ゴールド

ザ・ゴールド

" おすすめポイント "

  • 着物以外のアクセサリーやブランド品も一緒に売れる!
  • 女性スタッフが多く在籍しているから出張買取も安心
  • 全国に直営店があり、持込による買取も可能

ザ・ゴールドの特徴

ザ・ゴールドは全国に79店舗の直営店があり、持込による買取が可能。

また、出張買取や宅配買取も行っているので、自宅の近くに店舗がなくても問題ありません。

着物以外にも、骨董品や衣服、アクセサリーやブランド品などの買取もしているので着物以外のものも一緒に売りたい人にもおすすめの買取業者です。

着物買取対象エリア情報

  • 秋田市
  • 能代市
  • 横手市
  • 大館市
  • 男鹿市
  • 湯沢市
  • 鹿角市
  • 由利本荘市
  • 潟上市
  • 大仙市
  • 北秋田市
  • にかほ市
  • 仙北市

  • 鹿角郡
  • 北秋田郡
  • 山本郡
  • 南秋田郡
  • 仙北郡
  • 雄勝郡

地域に根ざした着物買取店はここ!持込買取もできる買取店

ここで紹介するのは秋田県に店舗があり・持込買取に対応している買取店です。

秋田県で・持込買取に対応しているのは・多くが質屋やリサイクルショップですが・着物の買取も積極的に行っています。

しかし・質屋やリサイクルショップに持込んで買取して貰う場合・シミや汚れの少ないすぐに着れる状態のものでないと買取してもらうのは難しいようです。

持込買取しているところも気になる人は・参考にしてください。

今昔きもの 衣屋(きぬや)

所在地 秋田県大仙市佐野町16−17
TEL:0187-86-3322
持込買取 可能(上記所在地に持込)
出張買取 非対応
宅配買取 非対応
店舗情報

株式会社セルクルが運営する、リユース着物の販売・買取をしているお店です。

衣屋では、販売・買い取りだけではなく、着物のレンタルもできます。

買取は、着物と帯で、未使用品や身丈が160センチ以上あるものは査定額がアップすることも。

ウ-ルやポリエステル素材のものや汚れやシミがひどいものの買取はしていません。

きものリサイクル たをやめ

所在地 秋田県秋田市広面字樋ノ沖100-4
横山金足線沿いENEOS隣 リサイクルタウンBenten’s Life内
TEL:018-884-0226
持込買取 可能(上記所在地に持込)
出張買取 可能(出張エリアは要確認)
宅配買取 非対応
店舗情報

着物リサイクル BEN-TEN株式会社が、秋田県で運営している着物・帯・和装小物の買取・販売をしているお店です。

着物・帯・和装小物の他にも反物の買取もしています。

着物専門のお店なので、住まいが近いなら、見てもらうのもいいかもしれません。

KURAYA

所在地 秋田県秋田市大町2-5-40
TEL:0120-220-490
持込買取 可能(上記所在地に持込)
出張買取 可能(出張エリアは要確認)
宅配買取 可能(対応エリアは要確認
店舗情報

KURAYAは、秋田県に1店舗、他県に7店舗ある買取専門店です。

骨董品・金・ブランド品をはじめ、おもちゃやノベルティグッズ・高級食器などさまざまなジャンルの品物の買取をしています。

着物だけではなく、帯や和装小物の買取もしています。

秋田画廊

所在地 秋田県秋田市中通6-12-32
TEL:018-833-3608
持込買取 可能(要予約。上記所在地に持込)
出張買取 可能(出張エリアは要確認)
宅配買取 非対応
店舗情報

1937年(昭和12年)創業の買取専門の書画・骨董品商です。

書画を得意としているお店ですが、骨董品や古道具・セト物・着物・古布類の買取もしています。

出張買取にも対応していて、基本的に出張費用はかかりませんが、遠方で1点も買取がない場合は、出張費用が発生する場合があります。

オバタ質店

所在地 秋田県大館市幸町2-6
TEL:0120-860-782
持込買取 可能(要予約。上記所在地に持込)
店頭持ち込みかドライブスルーを選択
出張買取 非対応
宅配買取 可能(対応エリアは要確認)
店舗情報

大館市の買取・販売をしている質屋です。

腕時計やジュエリー・貴金属を中心に、着物や楽器・絵画などの買取をしています。

質屋なので、質預かりもしていて、着物を手放したくないけれどお金が必要というときは、相談してみるといいかもしれませんね。

書画骨董処 一鑑堂(いっかんどう)

所在地 秋田県秋田市保戸野鉄砲町1-46
TEL:018-863-5381
持込買取 可能(要予約。上記所在地に持込)
出張買取 可能(出張エリアは要確認)
宅配買取 非対応
店舗情報

骨董・古美術品全般の鑑定・買取を主とした、販売もしているお店です。

書画骨董処と言うだけあり、書画を得意としていますが、刀剣や古銭箪笥なども査定しています。

着物は、古布や刺子を中心に査定しているようなので、新しいものよりも古いものを見てもらうのに向いているお店です。

オフハウス

所在地 ●横手店
秋田県横手市婦気大堤字中田86
TEL:0182-35-5265
●秋田広面店
秋田県秋田市広面樋ノ沖46
TEL:018-884-7421
●大館店
秋田県大館市根下戸新町15-33
TEL:0186-44-4511
持込買取 可能(上記の最寄りの店舗に持込)
出張買取 可能(出張エリアは店舗によって違うので要確認)
宅配買取 可能
ただし、オファー買取といって、スマホアプリで売りたい物をアップして、全国のハードオフ店舗が査定し、その品物を欲しい店舗から金額の提示があり、納得した金額を提示した店舗に送るという方法
店舗情報

株式会社ハードオフコーポレーションが全国で運営している、衣類や家具、ギフトなどをメインにリユースしている店舗です。

ハードオフグループではブックオフやホビーオフなど、ジャンルによって店舗名が違い、着物の買取はオフハウスで行っています。

東京相場

所在地 秋田県秋田市中通5-5-32
TEL:0120-290-035
持込買取 可能(上記所在地に持込)
予約不要ですが、事前に連絡を入れておくと専門のスタッフが待機していてくれます。
出張買取 可能(出張エリアは要確認)
宅配買取 可能(対応エリアは要確認)
店舗情報

東京相場は、全国展開しているリサイクル買取専門店です。

着物だけではなく、宝石、貴金属、家電、切手、楽器など様々なジャンルの買取をしています。

東京相場の買取について詳しく知りたい場合は、『東京相場の着物買取の口コミや評判はどう?申込みの流れや特徴など徹底解説!』で詳しく紹介しているので参考にしてください。

秋田県の代表的な織物&伝統的工芸品

秋田県を代表する織物や伝統的工芸品を紹介しています。

秋田県の織物は・高額買取してもらえるものもあるので・処分しようと思っていた着物が・実は希少価値の高いものだったということも・・・

代々受け継がれてきた着物のなかには・秋田県を代表する織物もあるかもしれないので・参考に読んでみてください。

秋田八丈

秋田・秋田八丈
引用元:http://www.odate-noshiro-airport.com/

秋田八丈とは、文化年間(1804~1818年)に北秋田市で作られるようになった、草木染の絹織物のことで、秋田絹・秋田黄八丈ともよばれています。

秋田県では、享和年間(1801~1804年)までに、石川滝右衛門によって、養蚕(ようさん)の指導が行われ、竜門織や秋太平といわれる絹織物が生産されていました。

その絹織物の技術の向上を図るために、秋田藩は群馬県の桐生から、蓼沼甚平(たでぬまじんぺい)を呼び寄せ、秋田八丈が織られるようになったのです。

八丈といえば、八丈島(東京都)で織られている本場黄八丈が有名で、室町時代から作られている、秋田八丈より歴史が古い織物です。

その本場黄八丈と同じように、秋田八丈も植物性の染料を使っていますが、鮮やかな黄色が特徴の本場黄八丈と違い、秋田八丈は蔦色(つたいろ)や茶色の落ち着いた色合いのものが多いのが特徴。

秋田八丈も秋田黄八丈ともよばれるくらいなので、黄色いものもあり、本場黄八丈と同じカリヤスやヤマツツジ・ヤマモモで作る染料で染められています。

しかし、秋田八丈は、主に秋田独特のハマナスの根を染料としているので、光沢の度合いの低い渋みのある色合いのものが主流となっています。

代々受け継がれ、生産されてきた秋田八丈は、2003年(平成15年)に、唯一の生産工房として残っていた滑川機操場が廃業したため、一時は生産が途絶えたのですが、2006年(平成18年)に、元技術者の奈良田登志子が機を引き取り、ことむ工房を設立し復活させました。

ですが、手間がかかり織り上がるまでには時間がかかるため、希少な織物にはかわりないので、高額になることもあります。

天鷺ぜんまい織

秋田・天鷺ぜんまい織(あまさぎぜんまいおり)
引用元:http://hojinashi.cocolog-nifty.com/

天鷺ぜんまい織(あまさぎぜんまいおり)とは、由利本荘市の岩城町亀田で織られていた、植物のぜんまい(山菜の1つ)の綿毛を糸に使った織物のこと。

亨保二年(1717年)に、越後から亀田に招いた職工が、木綿で亀田縞を織ったのがはじまりで、当時はぜんまい白鳥織とよばれていました。

天鷺ぜんまい織は、山に自生するぜんまいの新芽を守っている綿毛を乾燥させたものと白鳥の羽毛を、真綿を紡ぐ時にからめこみ、その糸を緯糸(よこいと)に織られています。

ぜんまいの綿毛には防虫・防カビ効果、白鳥の羽毛には防水効果があり、色があせてきたら、裏返して着れるのが特徴の織物です。

残念ながら、技術を受け継ぐ人がいなくなり、昭和初期には途絶えてしまいました。

今では、天鷺ぜんまい織の資料を基に手探りで復活させた山崎さんと高野さんが、史跡保存伝承の里「天鷺村」で制作と体験織の指導をしているだけなので、とても希少な織物となっています。

鹿角紫根染・茜染

秋田・鹿角紫根染・茜染
引用元:http://kazuno-murasaki.net/

鹿角紫根染・茜染とは、秋田県北東部の鹿角(かづの)市花輪で受け継がれている、ムラサキ・アカネという植物の根を染料にした草木染のこと。

鹿角には、自生のムラサキやアカネが豊富で、今からおよそ1300年前の奈良時代から使われてきた染色方法です。

鹿角のムラサキは「南部紫」として、京紫・江戸紫と並んで、日本三大紫の1つとされていて、なかでも鹿角の紫は、全国でも類を見ない色鮮やかな染物といわれています。

しかし、鹿角の紫根染・茜染は、明治に入り化学染料が入ってきたことで衰退し、そのまま途絶えてしまいました。

その途絶えた技術を、大正の初め頃に栗山文次郎が復活させ、紫根染・茜染の技術保持者(いわゆる人間国宝)として、1953年(昭和28年)に認定されました。

栗山文次郎亡き後は、息子の栗山文一郎が技術を継承し、1978年(昭和53年)に、秋田県指定の無形文化財技術保持者に認定されています。

紫根染・茜染の模様は「大枡絞(おおますしぼり)」「小枡絞」「立枠絞」が一般的ですが、栗山家は「花輪絞」の4つの模様で染色されています。

秋田・鹿角紫根染・茜染 模様
引用元:http://kazuno-murasaki.net/

秋田畝織

秋田・秋田畝織(あきたうねおり)
引用元:https://tokusenkimono.com/

秋田畝織(あきたうねおり)とは、江戸時代から作られている絹織物のこと。

経糸(たていと)や緯糸(よこいと)に太さの違う糸を混ぜて、平織りにするため、畑の畝のように見えることから畝織といわれるようになりましたが、田んぼの畦(あぜ)のようにも見えるので、畦織ともよばれています。

秋田畝織は、秋田八丈の織技術の1つで、畝織は上等な羽織の裏地に使われていたこともあり、高級製品の販路が限られていたことと不況にともない、大正時代に一度姿を消しています。

1953年(昭和28年)に、秋田八丈を唯一制作していた滑川機操場の滑川晨吉(しんきち)によって復元されましたが、2003年(平成15年)に廃業したため、現在は幻の織物といわれ、とても希少な織物です。

秋田畝織は、1980年(昭和55年)に、秋田県の無形文化財に指定され、滑川信吉はその技術保持者に認定されています。

秋田銀線細工

秋田・秋田銀線細工
引用元:http://www.link-support.or.jp/

秋田銀線細工とは、秋田市の無形文化財、秋田県の伝統的工芸品に指定されている、秋田市で作られている純銀の線をより合わせて作られる装飾品のこと。

ポルトガルから長崎県の平戸に入ってきたことから、平戸細工ともよばれていました。

秋田で銀線細工が作られるようになったのは、1602年(慶長7年)に佐竹義宣が、常陸(ひたち・現・茨城県)から秋田に国替えとなった際に、金銀細工師を一緒に連れてきたのがはじまりです。

当時は、院内・阿仁などからとれる、良質な金・銀を使用し、歴代藩主の保護奨励のもと、刀装具や装身具などの細工として、主に武士が身につける物の装飾具が盛んに制作されていました。

しかし、1876年(明治9年)に廃刀禁止令がしかれ、武士階級からの需要がなくなり、かんざしやブローチなどの装飾品が作られるようになり、庶民の需要が高まっていったのです。

ところが、1940年(昭和15年)に、奢侈品(しゃしひん・贅沢品のこと)等製造販売制限規制(7・7禁止令)がしかれ、銀製品もその対象となり、一時は衰退してしまいました。

戦後、秋田県工業指導所(現・工業技術センター)の指導や、秋田市立工業学校が技能者育成にあたり復興してきています。

秋田銀線細工の古いかんざしや帯留めなど、高額で買取してもらえることもあるので、着物と一緒に見てもらうといいかもしれませんね。

着ない着物は売って必要なときはレンタル!

着物の買取先を探している人のなかには「着物の保管が大変だから売るけれど・着物は好きだから必要な時にはレンタルしたいな」という人もいますよね。

そんな人のために・秋田県のレンタルショップも調べてみたので・レンタルしているところを探す時の参考にしてください。

秋田県で着物のレンタルができるおすすめショップ

Kousaka(レンタル高坂) 秋田県北秋田市住吉町9-17
青い鳥(ジョイフル恵利) 秋田県秋田市保戸野千代田町2-53
堀井呉服店 秋田県秋田市南通亀の町3-37
きもの藤の屋 秋田県秋田市泉南3-19-27
Mariee(マリエ) ●ブライダルスペ-ス・マリエ
秋田県秋田市千秋明徳町3-43 千秋公園ビル2階
●ブライダルスペ-ス・マリエ 横手店
秋田県横手市大町6-16 NTT東日本横手ビル1F
※秋田県内に2店舗あります
Hazuki(葉月) ●追分店
秋田県秋田市下新城中野字琵琶沼230-5
●八郎潟店
秋田県南秋田郡八郎潟町夜叉袋字下昼寝315−7
※秋田県内に2店舗あります
美しい着物 喜久屋 秋田県湯沢市川連町字久保70-1
相場貸衣裳店 秋田県由利本荘市館字中島378-1
有限会社能代総合美容センター さくらい 秋田県能代市東町10-21
はなむすび 秋田県大館市字桂城45
工藤衣料店 秋田県由利本荘市石脇字石脇218
相沢貸衣裳センター 秋田県大館市御成町4-1-9
※レンタルできるのは主に喪服
ブランシェリー 秋田オーパ店 秋田県秋田市千秋久保田町4-2 秋田オーパ2F
※レンタルできるのは、成人振袖と卒業袴のみ
呉服の登美屋 秋田県大仙市和合字坪立177イオンモール大曲2F
※レンタルできるのは、振袖のみ
さが美 ●土崎港店
秋田県 秋田市土崎港南2-3-41イオン土崎港店2F
●大館店
秋田県大館市御成町3-7-58
いとく大館ショッピングセンター2F
●能代店
〒016-0188
秋田県能代市寺向70
いとく能代ショッピングセンター1F
※秋田県内に3店舗あり、レンタルできるのは振袖のみ。
着付教室もあり
三松 秋田市中通2-6-1 西武秋田店2階

自分で着れると着物ライフが楽しくなる

着物を自分で着れるようになりたいという人のために・着付を習えるところを調べてみたので・着付け教室を探す時の参考にしてください。

秋田県で着付けを習えるところ

秋田きもの学院 秋田県大仙市金谷町10-8
着付け教室 さらり mu-ayako8204@docomo.ne.jp
和布倶や as西陣 秋田県秋田市中通2-1-36
小林京子きもの教室 秋田県秋田市高陽青柳町3-21
和服や樹(いづき) 秋田県横手市婦気大堤字婦気7-1
佐々木直子きもの教室 秋田県秋田市中通4 -11-7
浅野昌子きもの学院 秋田県秋田市泉一ノ坪12-5
下村きもの学院 秋田県秋田市河辺和田字和田56-1
千葉弘子きもの学院 秋田県秋田市将軍野東1-4-12
池田きもの学院 秋田県能代市景林町4-20
夏井着付教室 秋田県男鹿市船越字根木330-36
佐々木さち子着付教室 秋田県にかほ市象潟町字浜畑59-3
三嶋慶子着物教室 秋田県横手市横手町字四ノ口85-4
鎌田和裁着付研究所 秋田県潟上市昭和豊川竜毛字坂の下11-3
秋田和装総合学院 秋田県由利本荘市中梵天67-3
中村きもの学院 秋田県秋田市千秋久保田町2-23
湯沢着物着付学院 秋田県湯沢市材木町2 -1-16
高陽きもの総合学院 秋田県秋田市高陽青柳町3-21
尚美流 秋田中央学園鈴木 秋田県秋田市卸町4 -6-53
きものやまと 秋田県秋田市御所野地蔵田1-1-1 イオンモ-ル秋田3F

まとめ

秋田県には、着物の持込買取に対応している買取店はとても少なく、着物を専門に買取しているところも数件です。

秋田県は、古くからさまざまな絹織物が作られてきたところとゆうこともあり、代々受け継がれてきた着物を持っている家もあると思います。

秋田県で制作されている、秋田八丈や天鷺ぜんまい織りといった有名織物は、しっかり価値を見極められるところで売れば、高額で買取してもらえることもあります。

大事に受け継がれてきた着物を、少しでも高く高く売るなら、このページの最初に紹介した、秋田県全域に対応している買取業者を上手に利用することをおすすめします。

着物買取業者選びに迷ったらどうすればいい?

着物買取業者選びに迷ったらどうすればいい?

着物買取業者がたくさんありすぎて、どこを選べばいいのか迷ってしまいがち。

「着物売るガイド!」では、着物買取業者を徹底比較して特徴などを分かりやすくまとめたものを、ランキング形式で掲載しています。

着物買取業者選びに迷った時は、ぜひ一度チェックしてみてください!

おすすめの着物買取業者ベスト5を見る