喪服は売れるの?不要になった喪服の買取方法と相場価格について徹底解説

2018年6月16日

喪服は売れるの?不要になった喪服の買取方法と相場価格について徹底解説

結婚する時に持たされたり、遺品で譲り受けたりして、意外と持っているのが黒紋付。
いわゆる『喪服』です。

でもこの喪服、持っていても一番着る機会がなくて、売りたいと思っている人は多いのでは?

しかし、喪服をどこに売っていいのかわからないという人や、そもそも「喪服は売れるの?」と思っている人もいますよね。

そこで、このページでは、喪服は買取してもらえるのか?喪服を買取してもらうポイントなどを紹介したいと思います。

喪服の買取相場はどれくらい?

喪服の買取相場はどれくらい?

喪服を売りたいけれど売れるの?売れるとしたらいくら位になるの?と、思っている人もいますよね。

着物は、種類によって値段がつきやすい着物と、値段がつきにくい着物とがあり、残念ながら喪服は値段がつきにくい着物といえます。

とはいえ、買取相場は気になりますよね。

正直、相場といえるかわかりませんが、喪服の買取相場は、0円~数千円です。

素材や程度が良いものなら数千円?

喪服の相場があいまいなのは、買取している業者が少ないからです。

着物の買取相場は、喪服に限らず、正絹で状態のいいものが前提で、比較的新しいものを基準としています。

もともと買取してもらいにくい喪服の場合、色あせや色落ちがある場合やポリエステルの場合、買取してもらうのは難しいということです。

しかし、喪服は色や重さによっては、買取してもらえることもあります。

色としては「漆黒(しっこく)」といわれる、深く濃い黒で、重さとしては、ずっしりとした重みのある物なら、買取してもらえることも・・・

ただし、重さは古いものの場合で、近頃では織る技術が向上しているので、重さによる違いは少なくなってきています。

喪服は買取してもらえないケースも多い

喪服は買取してもらえないケースも多い

買取相場はあくまでも目安で、必ずしも相場の金額になるわけではなく、需要の有無が買取に大きく影響します。

特に、喪服の場合、着る機会が少ないことと、多くの人がレンタルで済ますか喪服自体を着なくなってきているので、需要が少なくなってきているため、買取自体してもらえないことも。

正直、喪服は買取してもらえないケースが多いのが現状です。

喪服の買取を依頼する時は、公式サイトにどんな着物を買取しているのかを載せている業者もあるので、依頼する前に確認しましょう。

喪服とはどんな着物?

喪服とはどんな着物?

多くの人が、紋付の黒い着物を喪服と思っているのではないでしょうか?

しかし、本来着物には「喪服」という種類はなく、正しくは「黒紋付」といい、正礼装(第一礼装)として着る最も格式の高い着物のことで、未婚・既婚を問わず誰でも着ることができます。

女性が葬儀の時に、黒紋付に黒い帯を締めて着れば「喪服姿」というだけで、帯の色や柄を変えれば、本来は葬儀に限らず冠婚や式典などの正式な場で着れる着物なのです。

ところが、着物を着る人が少なくなり、今では葬儀以外で着る人がほとんどいないないので、喪服と呼ばれるようになったのです。

喪服を着る場面

喪服を着る場面

本来黒紋付は、祝儀・不祝儀に関係なく着れる着物なので、帯の色や柄・草履・足袋・バッグなどの色を、着る場面に合わせて変えれば、冠婚葬祭で着れます。

歌舞伎俳優や落語家・宝塚歌劇団の生徒が、舞台挨拶や式典などで着ているのがいい例です。

しかし現代では、一般の人が黒紋付をおめでたい席で着ることはなく、葬儀のような不祝儀の時は「黒紋付(喪服)」、結婚式や披露宴のような祝儀の時は「黒留袖」というのが一般的になっています。

ただし、不祝儀に黒紋付を着ていいのは、喪に服する立場にある喪家(そうけ)の三親等以内の親族で、葬儀または告別式・初七日・四十九日・一周忌法要の時に着るもので、通夜や法事には着れないのです。

着なくなった喪服の処分方法は?

着なくなった喪服の処分方法は?

喪服を持っていても、着る機会が少ないし保管が大変だから、処分したいと思っている人もいますよね。

【着なくなった喪服の処分方法】span>
・人に譲る
・リメイクする
・リサイクルショップに持っていく
・オークションやフリマアプリで売る
・着物買取専門業者に売る

処分方法ごとにメリット・デメリットを見てみましょう。

人に譲る

人に譲る

人に譲るのも一つの方法です。

喪服を仕立てるとなると、それなりの費用がかかるので、喪服を仕立てようと思っている人になら、譲ってあげると良いかもしれません。

しかし、自分で着付けができない人の場合、着付けもセットになっている葬儀屋でレンタルする方が便利です。

葬儀後も、遺品整理などで忙しいので、レンタルならアフターケアの心配もいりませんよね。

また、喪服は着る機会の少ない着物なので、譲られても困るという人の方が多いかもしれません。

リメイクする

リメイクする

喪服を処分する人のなかには、意外かもしれませんが、喪服(和装)から喪服(洋装)にリメイクする人が増えています。

たしかに、着物の素材は正絹(しょうけん)がほとんどで、古い喪服は質の良い絹のものが多く、良質のワンピースやアンサンブルに仕立てることができます。

しかし、自分でリメイクするとなると洋裁が得意でないと難しく、リメイクしてくれるお店に依頼すると、かなりの費用がかかります。

リサイクルショップに持っていく

リサイクルショップに持っていく

リサイクルショップでは、いろんな物を買取しているので、家の近くにあるなら、持っていけばその場で現金化できるので便利ですよね。

しかし、リサイクルショップで着物の買取をしているところは少なく、たとえ買取していても、専門の査定士がいないので、着物の価値に関係なく重さや枚数での買取になるところがほとんどです。

オークションやフリマアプリで売る

オークションやフリマアプリで売る

インターネットやスマホが普及して、家に居ながらにして、誰でも簡単にネットオークションやフリマアプリに参加できるので、オークションやフリマアプリで売る人もいますよね。

オークションやフリマアプリのいいところは、自分の売りたい金額で売ることができること。

ただし、ある程度相場を知っていないと値段を付けるのが難しく、希望金額をつけても売れるとは限りません。

また、喪服の場合、喪服を着ない人や着てもレンタルする人が増えているので、他の着物に比べると、欲しい人がみつかりにくいかも・・・

さらに、オークションやフリマアプリは、売れた着物を送ったり購入者からの問い合わせに対応する必要があるので、手間がかかります。

急いで売りたい人や忙しい人には、むいていない処分方法かもしれませんね。

着物買取専門業者に売る

着物買取専門業者に売る

着なくなった紋付の着物の処分方法で、なんといってもおすすめなのが、着物買取専門業者に売る方法です。

着物買取専門業者とは、専門の査定士が1枚ずつ査定して、きちんと着物の価値を判断して買取をしてくれる業者のこと。

ただし、喪服は中古市場でも需要が減っているので、正直、買取していない業者も多いです。

しかし、着物の種類や状態を問わず査定してくれるところもあり、喪服を買取してもらえることもあります。

喪服だけで売るのが難しい場合は、他の着物と一緒に売れば買取してもらえることもあるので、まずは着物買取専門業者に依頼することをおすすめします。

【着物買取専門業者の買取方法】span>

着物買取専門業者の買取方法

着物買取専門業者の買取方法は「出張買取」「宅配買取」「持込買取」の3つ。

なかでも出張買取は、自宅に専門の査定士が来てくれるので、重い着物を持ち運ぶ必要がなく、出張費や査定費などの費用も一切かからないのでおすすめです。

出張買取は、目の前で1枚ずつていねいに査定が行われ、その金額になる理由をきちんと説明してくれるので、納得して着物を売ることができます。

万が一、金額に納得できない場合も、キャンセルが可能で、キャンセル料も発生しないので、安心して依頼できます。

しかし、知らない人が家に来ることに抵抗がある人や、家にいる時間を作れない人もいますよね。

そんな場合は、宅配買取がおすすめです。

宅配買取は、売りたい着物をダンボールに詰めて送るだけ。

気になる送料は、買取業者が負担してくれるうえに、用意するのがめんどうなダンボールも、無料で届けてくれるので便利です。

また、着物買取専門業者のなかには、店舗を持っているところもあるので、出掛けるついでに買取してもらうことも可能。

ただし、店舗を持っている買取業者は少ないので、持ち込みできる地域は限られます。

持込買取の買取方法は、場所が違うだけで出張買取と同じなので、家の近くに店舗がない場合は、出張買取をおすすめします。

喪服を買取してもらうポイント

喪服を買取してもらうポイント

正直、喪服は買取してもらいにくい着物ですが、まったく買取してもらえないわけではないので、買取してもらえるポイントをいくつか紹介します。

未使用だと買取してもらえる?

喪服に限らず、未使用の着物は比較的買取してもらいやすいといえます。

未使用かどうかの見分け方は、袖や衿元・裾などにしつけ糸が付いているかどうか。

しつけ糸は、仕立てた着物の型崩れ防止のためにほどこされていますが、同時に未使用品の証でもあります。

そのため、しつけ糸は取らずに見てもらうほうが、買取してもらえる確立は上がります。

[しつけ糸]

しつけ糸 しつけ糸

帯や草履をセットにすれば買取してもらえる?

帯や草履をセットにすれば買取してもらえる?

喪服が必要な時は、急に訪れるものですよね。

着物は着物だけあっても着れないので、帯や草履など着る時に必要な物を一緒に出すと買取してもらいやすいかもしれません。

特に、喪服に合わせるものは、他の着物と同じ物を合わせられないので、帯や着物があればセットで売ることをおすすめします。

また、喪服に関するものだけではなく、訪問着や付け下げなど喪服以外の着物がある場合は、一緒に出すと買取してもらえることもあります。

色んな買取業者に聞いてみる

何度も言いますが、喪服は買取してもらいにくい着物です。

喪服自体の買取をしていない業者もあるので、喪服の買取を依頼する場合は、複数の買取業者に依頼することをおすすめします。

まとめ

着物の買取業者はたくさんありますが、喪服の買取をしている業者は少ないです。

しかし、まったく買取していないわけではなく、着物の種類や状態に関係なく、どんな着物でも査定してくれる業者もあります。

喪服の買取を依頼する場合は、できるだけたくさんの、着物の種類を限定していない業者に依頼するのが一番ですね。

着物買取業者選びに迷ったらどうすればいい?

着物買取業者選びに迷ったらどうすればいい?

着物買取業者がたくさんありすぎて、どこを選べばいいのか迷ってしまいがち。

「着物売るガイド!」では、着物買取業者を徹底比較して特徴などを分かりやすくまとめたものを、ランキング形式で掲載しています。

着物買取業者選びに迷った時は、ぜひ一度チェックしてみてください!

おすすめの着物買取業者ベスト5を見る