有名作家物の着物なら買取額がUPする?高額になる理由と見分け方を徹底解説

2018年5月28日

有名作家物の着物なら買取額がUPする?高額になる理由と見分け方を徹底解説

高価なブランド物の洋服には敏感だけど、着物は持っていても価値がまったくわからないという人も多いのでは?

着物にはブランド名はありませんが、人間国宝や人気作家の手がける着物や帯は、ブランド物と変わらないくらいとても高価で、着物を売る時に高額になることも・・・

でも、見分け方やどんな作家がいるのか知らない人がほとんどですよね。

そこでこのページでは、作家物の着物を見分ける落款や重要無形文化財・伝統工芸士とはなにか、高額買取が期待できる作家の着物や特徴を紹介したいと思います。

高額になる着物や帯はどんなもの?

高額になる着物や帯はどんなもの? 

着物や帯の買取額は、種類や柄などによって違うのですが、なかでも「作家物」の着物や帯は、高額になることもあります。

着物の作家は大きく分けて3タイプ

作家物と言われる着物は、大きく分けて3つのタイプに分かれています。

【着物作家3タイプ】
・染物作家・・・友禅染や紅型(びんがた)・江戸小紋など
・織物作家・・・紬や芭蕉布・羅(ら)など
・刺繍作家・・・刺繍

高額になる人間国宝の着物とは

作家物と言われる着物や帯のなかでも、特に、人間国宝(重要無形文化財保持者)に認定されている作家の作品は、高額になることが期待できます。

※人間国宝に指定されている作家を知りたい方は下記のサイトを参考にしてください。

参考サイト:人間国宝紹介(重要無形文化財保持者紹介)

国家資格の伝統工芸士が手がける着物も買取額がUPする

国家資格の伝統工芸士が手がける着物も買取額がUPする

人間国宝と言われる作家の他にも、国家資格でもある伝統工芸士の作品も、高額になることがあります。

伝統工芸士とは、経済産業大臣指定の伝統的工芸品の製造に関わっている人で、12年以上の実務経験と、原則、伝統工芸の産地に居住している条件をクリアして、認定試験に通った人のことです。

ただし、着物は分業制で作ることもあるので、伝統工芸士のなかには、糸を染めたり作業工程の一部を担っている人工芸士もいるので、個人の作品として発表しているものがない人もいます。

※伝統工芸士を知りたい方は下記のサイトを参考にしてください。

参考サイト:日本の伝統工芸士

落款(らっかん)でわかる着物の価値

人間国宝や伝統工芸士の作品は高額になることが期待できますが、着物に詳しくない人は、売りたいと思っている着物や帯が作家物かどうかを、どうやって見分けたらいいかわからないですよね。

でも、人間国宝や伝統工芸士の着物の見分け方は意外と簡単です。

作家物と言われる着物には、掛け軸や陶芸品と同じように「落款」が押されています。

落款見本

また、作家によっては、二代目・三代目と代替わりしていることもありますが、同じ名前を継いでいても、落款の形が違うので、作品が何代目なのかは見ればわかります。

反物の時の位置

落款の付いている位置

落款の位置は、右前身頃の衽(おくみ)と言われるところに付いているのが一般的。
(着た時の位置は膝上あたり)

仕立て屋さんによっては、右前の衿の下の方についていることもあります。
着付けた時は左前身頃で隠れてしまうので、落款が見えることはありません。

ここからは、有名作家とその作品を紹介していきます。

京友禅で高額になる作家

京友禅で高額になる作家

京友禅は、京都の伝統工芸品で、国が認定する伝統的工芸品でもあり、加賀友禅と東京友禅とともに三大友禅ともいわれる、日本を代表する染め織物のこと。

京友禅は、多彩な色使いでありながら柔らかい色合いに、金箔や銀箔・刺繍がほどこしてあり上品でありながら華やかなのが特徴です。

友禅の第一人者といえば松井青々(せいせい)

人間国宝ではないものの、羽田登喜男と人間国宝を競い合った、京友禅の第一人者である京都の伝統工芸士『松井青々(まついせいせい)』は高価買取が期待できます。

松井青々の着物は、たたき染めの地色に松竹梅や菊などの柄に金彩をほどこし、豪華で優美な作品なのが特徴。

現在は、二代目の下で京友禅の技法を修得した三代目が、二代目青々が傘寿(80歳)を迎えたのを機に、三代目青々を襲名し、継承しています。

色留袖や留袖・振袖などが人気です。

松井青々の着物

[上:松井青々の着物]

[下:松井青々の落款]

引用元:http://www.matukawaya.com/

森口華弘(かこう)の着物

友禅染の人間国宝(重要無形文化財保持者)に認定されている染織家で、蒔糊技法(まきのり)を用いた友禅染の作品で知られていて、高額が期待できます。

森口華弘の着物は、花鳥をモチーフにし、細密でありながら大胆なデザインで華麗な友禅染めが特徴です。

森口華弘の着物と帯

森口華弘の落款

三越のショッピングバッグのデザインを手掛けた森口邦彦

蒔糊技法の友禅作家で人間国宝でもある森口華弘の息子で、自身も友禅の人間国宝に認定されている森口邦彦の作品も人気が高いです。

森口邦彦は、2014年に三越のショッピングバッグも手がけていて、着物も明快な幾何学模様で斬新な作品が特徴の作家です。

三越のショッピングバッグ・森口邦彦の着物

加賀友禅で高額になるのはどんな着物?

加賀友禅で高額になるのはどんな着物?

加賀友禅は、国指定の伝統的工芸品で、江戸時代に加賀藩(石川県金沢市一体)で栄えた加賀御国染めを基に、京友禅を独自に発展させたもの。

加賀友禅も京友禅同様に多彩ではあるものの、加賀五彩と呼ばれる、藍(あい)・黄土(おうど)・臙脂(えんじ)・草・古代紫の5色を基調とされていて、京友禅のような、箔や(金箔・銀箔)刺繍をほどこさないので、華やかだけれど上品な印象の着物です。

図柄は、草花や鳥などの自然の模様を絵画のように描き、ぼかしや虫食いといった技法が取り入れられているのが特徴。

先ぼかし・虫食い

[左:先ぼかし][右:虫食い]

引用元:https://stat.ameba.jp/

「先ぼかし」・・・外側が一番濃く内側にむかってぼかしていく技法(京友禅は逆)
「虫食い」・・・・虫に食われて葉っぱにあいた穴や変色をそのまま表現する技法

加賀友禅の第一人者・木村雨山(うざん)の着物

加賀友禅の第一人者でもある木村雨山は、人間国宝に認定されていて、自然の草花や生き物の写生による図案を基に、日本画の技法も駆使した、絵画のような個性的な作風が特徴です。

木村雨山の着物・木村雨山の落款

[上:木村雨山の着物][下:木村雨山の落款]

引用元:https://stat.ameba.jp

加賀友禅でも珍しい童子をモチーフにした初代・由水十久(ゆうすいとく)

松井青々と同じように、人間国宝ではないものの加賀友禅の伝統工芸士である『由水十久(ゆうすいとく)』もとても人気があります。

由水十久は、海外でも個展を開いていたこともあり、海外での人気も高い作家です。

由水十久の作品は、草花が多い加賀友禅のなかでも珍しく、人物画を描いているのが特徴で、特に童をモチーフにしたものが有名です。

特に、初代由水十久の作品は高額が期待できます。

由水十久の着物と帯

由水十久の落款
左端が初代由水十久の落款で真ん中と右端は二代目の落款です。

初代の落款は四角の枠で二代目の落款は六角形の枠になっています。

人間国宝 二塚長生(ふたつかおさお)の着物

今も現役で、二塚長生の作品は、形があってないような滝・雲・波・風をモチーフにした、大胆な構図で染められているのが特徴。

二塚長生の着物と帯

【二塚長生の落款】

友禅は加賀と京都だけじゃない!高額になる友禅染

友禅は加賀と京都だけじゃない!高額になる友禅染

三大友禅と言われる残り1つが東京友禅。

東京友禅は、京友禅や加賀友禅と違い、構想図案から仕上げまでのすべての工程を作者が一貫して行ない、他の2つの友禅よりも落ち着いた渋い色合いで、町人の暮らしぶりを描いた、都会的な粋な着物が特徴。

そして、加賀友禅と京友禅を融合させた友禅を手がけた、人間国宝の羽田登喜男の友禅も、羽田友禅と言われるくらい独自性の高い友禅です。

京友禅と加賀友禅を融合させた羽田登喜男(はたときお)の着物

高価買取でよく名前が出てくる、人間国宝と言われる有名作家が『羽田登喜男』

羽田登喜男の作品は、京都の庭園や自然を愛し、花鳥風月を図柄にすることが多く、京友禅と加賀友禅の両方を学び融合させた個性的な友禅は、野の草花でも豪華な文様に描かれているのが特徴。

特に、鴛鴦(おしどり)は羽田登喜男の代表的な図柄です。

また、1986年(昭和61年)に、元イギリス王妃のダイアナ妃の来日の際に、友禅を献上したことでも有名です。 また、1986年(昭和61年)に、元イギリス王妃のダイアナ妃の来日の際に、友禅を献上したことでも有名です。

羽田登喜男の着物と帯

羽田登喜男の落款

技法の評価も高い手描き友禅の田島比呂子(ひろし)

自然に生きる動植物を題材に、古典的な友禅ではなく、現代風の繊細かつ大胆な模様の華やかな着物が特徴。

また、寒色系の多い東京友禅のなかでも、明るいやわらかな暖色系を好んで使う作品が多いです。

田島比呂子の着物

田島比呂子の落款

友禅染だけじゃない!他にも人気の染色作家

友禅染だけじゃない!他にも人気の染色作家

華やかな着物の代表といえば友禅染の着物ですが、型染めや絞り染めの着物も人気が高いので、高額になることも・・・

江戸小紋といえば小宮康孝

江戸小紋といえば小宮康孝。

重要無形文化財保持者(人間国宝)でもあり、買取額UPが期待できる作家の一人です。

江戸小紋とは、非常に細かい模様で、型紙を使って染めつけする技法の染め物。

江戸小紋の代表的な模様

江戸小紋の代表的な模様

[左:鮫小紋][中央:行儀(ぎょうぎ)小紋][右:角通し小紋]

引用元:https://www.someichie.jp/

【鮫小紋・行儀(ぎょうぎ)小紋・角通し小紋】

一見無地に見えますが、細かな模様を彫った型で染められていて、小宮康孝の作品は細かい図柄で色鮮やかなのが特徴です。

小宮康孝の着物(小紋柄)

話模様 さるかに合戦

[左:話模様 さるかに合戦][右:大根におろし金]

引用元:http://www.kawanoya.co.jp/

小宮康孝の落款

【昔話模様 さるかに合戦・大根におろし金】

型絵染めの人間国宝・稲垣稔次郎(としじろう)

京都市立美術大学教授でもあり、型絵染の人間国宝でもあった稲垣稔次郎の作品は、桃山・江戸期の小袖を基本としながらも、地元京都の四季折々の風物や自然をモダンに表現しているのが特徴。

稲垣稔次郎の着物と反物

辻が花染めで世界的に有名な久保田一竹(いっちく)

辻が花は、室町時代から安土桃山時代にかけて使われていて、一度衰退して幻となった絞り染めの技法を復刻したのが、久保田一竹。

しかし、伝統的な辻が花の完璧な復刻は技術的に不可能であると判断した一竹は、自己流の「一竹辻が花」を発展させました。

1989年にヨーロッパの主要都市で個展を開き、1990年にフランスの芸術文化勲章シュバリエを受賞し世界的に認められ、1993年に文化庁長官賞を受賞している一竹の着物は、芸術的価値も高く、美術館に展示されている作品は3億円のかちのあるものも・・・

そのため、初代久保田一竹の着物は、高額が期待できます。

現在は2代目になっていますが、初代に比べると2代目の着物は買取額が低くなります。

初代久保田一竹の着物と帯

初代久保田一竹の着物と帯

[左列:初代一竹 着物][中央列:2代目一竹 着物][右:初代一竹 帯/2代目一竹 帯]

引用元:http://blog-imgs-18.fc2.com/

初代久保田一竹の落款と2代目の落款

初代の落款と2代目の落款の違いは「一」の字にあります。

初代の落款は、一の字は右寄りで、一の字の留め終わりが上に少し跳ねていて四角く枠があるのが特徴。

2代目の落款は、同じように四角い枠はあるものの、一の字が左寄りでまっすぐです。

また、一竹工房の落款もあり、一竹工房の落款は一の字が真ん中で四角い枠がないので、区別することができます。

初代一竹落款・2代目一竹落款・一竹工房落款

[左:初代一竹落款][中央:2代目一竹落款][右:一竹工房落款]

引用元:https://www.kimonoichiba.com/

人間国宝じゃないけど高額になる作家物の着物

人間国宝じゃないけど高額になる作家物の着物

一竹辻が花の久保田一竹もそうですが、人間国宝に認定されていない作家の作品や、刺繍のも高額で買取してもらえることもあります。

金彩友禅の伝統工芸士・和田光正(みつまさ)

人間国宝ではないものの、金彩友禅の伝統工芸士・和田光正は、日本を代表する金彩友禅の第一人者。

繊細な金彩が剥がれることがなく、純金・純銀・白金の箔によって柄が浮き立つような立体感があるのが特徴です。

和田光正の着物と帯

和田光正の落款

皇室献上作家の藤井寛

皇后陛下や皇太子妃殿下・秋篠宮妃殿下などの着物も手がける、皇室献上作家としても有名な作家です。

藤井寛の代表的な作風は、雲取り文様を主体にした、正統派の古典文様の京友禅染めで、優美さの中に京友禅ならではの華やかさを併せ持っているのが特徴。

藤井寛の着物

藤井寛の落款

着物は織りも重要!高額が期待できる織物作家

着物は織りも重要!高額が期待できる織物作家

基本的に、着物は染の方が格が高く高価ですが、紬や羅(ら)といった織物も、人間国宝と言われる作家が手がけた作品は高額になることもあります。

紬織の染織作家・志村ふくみ

志村ふくみは、紬織の重要無形文化財保持者(人間国宝)であるとともに、染色家でもあり、独自の方法で開拓した草木の自然染料で染めた糸でつむぐ作品は、色彩豊かなのが特徴。

志村ふくみの着物

志村ふくみの着物

引用元:https://i.pinimg.com/

志村ふくみの証紙

「羅」と「経錦」の2つの重要無形文化財保持者・北村武資(たけし)

中古でもなかなか出回らない、絽・紗・羅織の着物や帯は高くで買取ってもらえますが、特に「羅」は高額が期待できます。

羅の重要無形文化財保持者である北村武資の羅は、古代中国から伝わり幻の織物と言われた「羅」を独自の技法で制作し「上品羅(じょうぼんら)」と銘が付けられているのが特徴。

北村武資は、羅の他にも「経錦(たてにしき)」でも重要無形文化財保持者の認定を受けています。

北村武資の帯

北村武資の帯

[左:羅の帯][中央:煌彩錦(こうさいにしき)の帯][右:経錦の帯]

引用元:http://www.kawanoya.co.jp/

北村武資の落款

紅型で最初の人間国宝になった玉那覇有公(たまなはゆうこう)

紅型で両面染めをする唯一の作家で、玉那覇有公の作品は、何色もの色が重ねられ、緻密で立体的なのが特徴。

玉那覇有公の着物と帯

玉那覇有公の落款・証紙

黄八丈といえば山下め由

黄八丈は、東京都の八丈島に自生する植物の煮汁で黄色・鳶色(とびいろ)・黒に染色された糸を綾織にした、国の伝統的工芸品に認定されている織物です。

江戸時代から守り継がれた染め技法を守り続け、東京都の無形文化財の認定されている染織家の山下め由の作品は、鮮やかな中に上品さを兼ね備えているのが特徴。

娘である八百子(やおこ)と孫である芙美子(ふみこ)も黄八丈の技法を受け継ぎ守り続けていますが、山下め由の作品は特に希少価値が高いです。

山下め由の着物と印

刺繍の人間国宝・福田喜重(きじゅう)

着物は、染めや織物だけでなく刺繍をほどこしてある物も多いです。

その刺繍の分野で初めて人間国宝に認定された、福田喜重の作品も人気が高いです。

自然物を流動的に表現し、色糸で描かれるグラデーションや繊細で流れるような曲線が描かれる福田喜重の作品は、奥行きのある絵柄が特徴。

福田喜重の落款はいくつかあり、父であり師でもある喜三郎へ敬意を評して、喜三郎のなめである「㐂三郎」としているものもあります。

福田喜重の着物

福田喜重の落款

作家が誰かわからない時は着物買取専門業者に出すのが一番

作家が誰かわからない時は着物買取専門業者に出すのが一番

着物を売りたいと思っている人のなかには、着物作家のことはまったくわからないという人も多いと思います。

着物に落款がある場合や、証紙がある場合は、着物買取専門業者に依頼しましょう。

リサイクルショップには着物を専門的に査定できる人がいない

リサイクルショップのなかには、着物を買取ってくれるところもありますが、基本的にリサイクルショップには、着物の価値を判断できる専門の査定士がいないので、着れる状態のものかどうかだけで判断されます。

そのため、有名作家の作品であったとしても、買取額が高くなることがないので、損することもあるのです。

フリマアプリやオークションで高値を付けるのは難しい

フリマアプリやオークションは、自分の希望する金額で売りに出すことができますが、自分自身が着物の価値をわかっていないといけないのと、しっかり商品紹介ができないと、買い手がつかないことも。

また、フリマアプリやオークションは、できるだけ安く手に入れたい人が見たり競り落とすところなので、有名作家のいい着物でも、素人が高い値段をつけて売るのは難しいのです。

落款や、作家の名前の入った箱や証紙がある場合は、着物買取専門業者に依頼することをおすすめします。

まとめ

基本的に作家物の着物には、落款が入っているので、落款を見れば誰の作品なのかは一目で分かります。

でも、自分は着物を持っていないし、着物の知識がまったくない人にとって、落款を見ても誰の作品か分からないうえに、名前を聞いても高くなる作家なのかわからないですよね。

着物買取専門業者なら、落款を見れば誰の作品で、どれくらい希少性が高いかを判断してくれるので、作家が誰かわからない時は、専門業者に見てもらって着物を売るのが一番ですね。

着物買取業者選びに迷ったらどうすればいい?

着物買取業者選びに迷ったらどうすればいい?

着物買取業者がたくさんありすぎて、どこを選べばいいのか迷ってしまいがち。

「着物売るガイド!」では、着物買取業者を徹底比較して特徴などを分かりやすくまとめたものを、ランキング形式で掲載しています。

着物買取業者選びに迷った時は、ぜひ一度チェックしてみてください!

おすすめの着物買取業者ベスト5を見る