振袖は高額で売れやすい?振袖の買取相場と高く売るコツについて徹底解説

2018年6月15日

振袖は高額で売れやすい?振袖の買取相場と高く売るコツについて徹底解説

親や祖父母に買ってもらったり、親戚から譲り受けたりして、振袖を持っているという人は結構いると思います。

しかし、振袖は着るのも手入れも大変・着る機会がない・そろそろ着るには気になる年齢に・・・と、手放そうと思っている人もいますよね。

でも「振袖を売りたいけれど、どこに売っていいのかわからない」「親に買ってもらった振袖だから安く買い叩かれたくない」と、思っている人も多いはず!

そこでこのページでは、振袖を少しでも高く売るコツや売るタイミング・どこに売るといいかなどを紹介したいと思います。

振袖は購入金額のどれくらいで売れる?その目安とは

着なくなったとはいえ、一生に一度のことだからと、振袖を奮発して買った人も多いと思います。

たしかに、購入額を考えると、買取金額は気になりますよね。

そこで、購入金額のどれくらいが目安かを紹介したいと思います。

未使用品(しつけ糸付き)


購入価格の20%くらい

着用済み(比較的状態のいいもの)


購入価格の10%くらい

状態の悪いもの


購入価格の0~5%くらい

ただし、これはあくまでも目安。

着物の状態・色・柄・サイズ・購入した時期などによって買取金額が決まるので、同じ振袖でも高く買取してもらえることもあれば、買取してもらえないことだってあります。

振袖の買取相場はどれくらい?

振袖の買取相場はどれくらい?

上記で、購入金額に対する買取価格の目安を紹介しましたが、実際にどれくらいで買取されているのか、相場も気になりますよね。

振袖は比較的買取してもらいやすい着物の1つですが、買取相場は正直幅があり、買取業者によって1万円からというところもあれば、2,000円から50万円というところもあります。

ただし、この金額は、シミや汚れなどがほとんどない、状態のいいものであることが最低条件です。

状態が悪い場合は、たとえ振袖でも値段がつかないこともあります。

【業者ごとの振袖買取相場】

買取業者相場
バイセル2,000円~500,000円
福ちゃん10,000円~
久屋10,000円~
ヤマトク10,000円~

買取相場は売る時期によって変わる?

買取相場は売る時期によって変わる?

着物の買取相場は日々変わるものではなく、市場の需要によって変わるので、着物の種類によっては売る時期で、買取相場が違うこともあります。

では、振袖の場合はどうでしょう?

振袖の場合、需要がある種類ということもあり、振袖を高く買取してもらえるタイミングというのはとくになく、比較的いつ売っても買取額が大きく変わることはありません。

でも、振袖の需要が高まる時期がありますよね。

そう、成人の日です。

着物を着る人が減っていても、成人式に振袖を着る人は、今も昔も変わりません。

そして、成人式に着物を着るほとんどの人が、買うにしてもレンタルするにしても、成人式の1年前の2月頃から、購入したりレンタルの予約をしています。

準備し始め、需要が高まる時期を考えると、振袖を売るタイミングは、11月過ぎから1月頃が、買取してもらいやすく買取金額も高くなる時期かもしれません。

ただし、購入した時期も大事で、色や柄など振袖にも流行りがあるので、購入してから5~10年以内を目安に、できるだけ早く売ることをおすすめします。

作家物や老舗呉服店の振袖は買取相場が高い

作家物や老舗呉服店の振袖は買取相場が高い

着物買取専門業者の買取相場が高いのが「作家物」や「人気工房」の着物。

作家物とは、人間国宝(重要無形文化財保持者)や伝統工芸士の作品のこと。

作家物は、すべて手作業で作られるため、大量生産できないので希少価値が高く、同じ振袖でも作家物のほうが、買取相場は高くなります。

【業者ごとの作家物の買取相場】

買取業者相場
バイセル3,000円~800,000円
福ちゃん30,000円~

正絹とポリエステルでは正絹のほうが高く売れる

正絹とポリエステルでは正絹のほうが高く売れる

基本的に、着物の買取相場は、正絹の着物であることが前提の金額を表示してあります。

そのため、安い素材のポリエステルの振袖は、もともと販売価格も低くということもあり、相場の金額で買取してもらえることはないのです。

また、ポリエステルの振袖の買取価格が相場より低い要因として、手染めではなくインクジェットの機械印刷の物が多いことも関係しています。

手染めの振袖と違い、インクジェット印刷は大量生産ができるため、希少価値が低くなるので、買取価格も低くなるのです。

小振袖は買取相場が下がる?

京友禅

[左:小振袖][中央:中振袖][右:大振袖]

引用元:hhttps://www.niwaka.com/

振袖は1種類だと思っている人も多いと思いますが、振袖には、小振袖・中振袖・大振袖の3種類あり、袖の長さで種類が違います。

一般的に振袖といわれているのは中振袖ですが「種類によって買取価格が変わるの?」って思った人もいますよね。

近頃では、背の高い女性が増え、大振袖も一般的になってきているということもあり、大振袖と中振袖の買取相場は、ほとんど変わらないようです。

しかし、卒業式で着る人が増えたとはいえ、着ていく場面の少ない小振袖は、需要が低いということもあり、大振袖と中振袖に比べると、買取相場は低くなります。

着なくなった振袖の処分方法は?

着なくなった振袖の処分方法は?

買取相場や売るタイミングがわかれば、次は処分方法を知りたくなりますよね。

着なくなった振袖の処分方法は、下記の6つ。

【着なくなった振袖の処分方法】
・自分の子供のためにとっておく
・リメイクする
・リサイクルショップに持っていく
・オークションやフリマアプリで売る
・骨董店や質屋で売る
・着物買取専門業者に売る

『捨てるのはしのびないけど、どうすればいいかわからない』『安く買い叩かれたくないけど、どこを選べばいいの?』という人もいると思うので、処分方法ごとのメリット・デメリットをまとめてみました。

子供のためにとっておく

子供のためにとっておく

大事に着てきた振袖だから、未来の自分の子供のためにとっておいたり、妹や姪・いとこに譲るというのも1つの方法。

新たに買わなくていいので、経済的負担は減ります。

しかし、着物は着る人の体のサイズに合わせて仕立てられるものなので、サイズが合わないこともあります。

その場合は、結局たんすの肥やしになってしまうということです。

リメイクする

リメイクする

振袖の柄行によっては、訪問着に仕立て直せるものもあります。

しかし、途中で柄が切れてしまうこともあり、柄行のバランスが悪い訪問着になることも・・・

また、ワンピースやブラウスなど、着物以外のものにリメイクする人もいますが、自分でリメイクできない場合、かなりの費用がかかります。

リサイクルショップに持っていく

リサイクルショップに持っていく

中古品の処分でリサイクルショップを利用する人は多いですが、振袖をリサイクルショップに持っていくメリットはあまりなく、おすすめできません。

なぜなら、リサイクルショップには専門の査定士がいるところは少なく、着物の価値に関係なく買取されるため、安く買い叩かれることが多いのです。

また、そもそも着物の買取をしているリサイクルショップは少ないので、買取自体してもらえないことも・・・

オークションやフリマアプリで売る

オークションやフリマアプリで売る

オークションやフリマアプリで売る人もいると思います。

オークションやフリマアプリのいいところは、自分の売りたい金額で売ることができること。

ただし、ある程度相場を知っていないと値段を付けるのが難しく、希望金額をつけても値引き交渉をされることが多いので、思ったように売れるとは限りません。

オークションやフリマアプリで売る場合、すぐに売れないこともあり、また、送る手間や購入者からの問い合わせの対応なども必要で、急いで売りたい人や忙しい人にはむいていない処分方法といえます。

骨董店や質屋で売る

質屋の着物買取は質が重要

骨董店や質屋によっては、着物の買取をしているところもあり、比較的振袖は買取してもらいやすい種類といえます。

また、質屋なら、着物を担保にお金をかりることもできるので、手放したくない時はいいかもしれません。

しかし、骨董店や質屋で、着物の買取をしているところは少なく、買取方法も持込買取のところがほとんどで、かさばる振袖を持ち運ばなくてはいけません。

骨董店や質屋は、着物を専門に買取しているわけではなく、積極的に買取しているわけではないので、買取価格が低いことも・・・

着物買取専門業者に売る

着物買取専門業者に売る

着なくなった振袖の処分方法で、なんといってもおすすめなのが、着物買取専門業者に売る方法。

着物買取専門業者とは、着物の価値がわかる査定士が1枚ずつ査定して、着物の価値を判断して着物の買取をしてくれる業者のことです。

なかでも出張買取は、自宅に専門の査定士が来てくれて、1枚ずつていねいに査定してくれるので、納得して着物を売ることができます。

出張費や査定費・買取手数料などが一切かからないのも魅力です。

万が一、買取金額に納得出来ない場合は、キャンセルもでき、キャンセル費用もかからないので、安心して任せることができます。

ただし、出張買取で買取額がつかない場合は、引き取ってもらえないので、処分できないこともあります。

また、知らない人が家に来ることに抵抗がある人や、家にいる時間を作れない人の場合は、宅配買取で買取してもらうこともできるので便利です。

振袖はまずは着物買取専門業者に頼むのが一番!

スマホが便利になり、何でもスマホで済ます人も多く、フリマアプリやオークションを利用する人、気軽さからリサイクルショップを選ぶ人もいると思います。

しかし、振袖を売る時は、まず着物買取専門業者に依頼することをおすすめします。

なぜなら、着物は思いがけず高額になることもあるから。

着物は自分が思っている以上に価値があることもあり、安易に売ってしまって損をすることも・・・

着物買取専門業者は、査定してもらったからといって、必ず売らないといけないわけではないので、自分の着物の価値を知る上でも、まず着物買取専門業者に見てもらう方が、失敗せずに振袖を売ることができます。

ただし、買取業者によって欲しい色・柄や買取価格が違うので、1社ではなく複数社に依頼するようにしましょう。

たとえば、A社は8千円・B社は1万5千円・C社は3千円ということもあるということです。

高く売れる振袖のポイント

高く売れる振袖のポイント

振袖は、着物のなかでも比較的買取額がつきやすい種類で、売るタイミングや売り先も大事ですが、より高く売るには、いくつかポイントがあります。

買取額が大きく変わることもあるので、チェックしておきましょう。

作家物や老舗呉服店の着物は高く売れる?

買取相場の章でもいいましたが、作家物かどうかで買取額が大きく違ってきます。

華やかな振袖は、友禅染や辻ヶ花染めなどが多く、なかには人間国宝や伝統工芸士の作品のものもあり、その場合高くで買取してもらえることも・・・

作家物の着物には、落款がついているので、落款で誰の作品かがわかります。

帯の場合は、箱があることもあるので、箱があれば箱も一緒に見てもらう方がいいでしょう。

ただし、落款や箱があるからといって、必ずしも高く買取してもらえるわけではありません。

また、京友禅で有名な千總(ちそう)や江戸刺繍の名門・大羊居(たいようきょ)などの老舗呉服店の手がけた振袖や百貨店の手がけた振袖も高額になることが多いです。

老舗呉服店や百貨店の着物は、タグが付いていたり、証紙があるので、一緒に見せると高くなることもあります。

流行りの柄と古典柄では買取価格が違う

流行りの柄と古典柄では買取価格が違う?

振袖は、とても華やかでさまざまな柄があり、どれにしようか迷いますよね。

この柄が、振袖を売る時の買取額に影響することがあります。

着物の査定で柄はとても重要なポイントです。

着物の柄には、古典柄といわれる、吉祥文様(きっしょうもんよう)や有職文様(ゆうそくもんよう)、扇や鼓・御所車など、昔から受け継がれてきた伝統的な柄や文様があります。

古典柄は時代が移り変わっても、流行に左右されることがないため、ある程度古いものでも買取額がつきやすいです。

しかし、モード柄やモダン柄といわれる、流行りの柄や個性的な柄の場合、需要が少なく流行りに左右されるため、買取してもらいにくいといえます。

着物の柄は10年くらいで流行りの柄が変わるといわれているので、流行りの柄や個性的な柄の振袖の場合、できるだけ早く売るのが買取してもらえるポイントです。

吉祥文様・有職文様

[左:吉祥文様][右:有職文様]

引用元:https://www.kimonoculture.com/

成人式でしか着ていない振袖は高く売れる?

着物を買取してもらうには、できるだけいい状態で、使用頻度の低い、新しいもののほうが高く買取してもらえます。

そのため、成人式だけではなく、卒業式や結婚式などで数回着ている振袖より、成人式の時に1度袖を通しただけの振袖のほうが高く買取してもらえる可能性が高いです。

ただし、1度しか袖を通してなくても手入れが悪いと、買取額が下がることも・・・

着ない着物は出来るだけ早く売るのが、高く売れるポイントです。

帯もセットのほうが高く売れる?

帯もセットのほうが高く売れる?

振袖に限らず、着物は着物だけでは着付けることができませんよね。

帯や帯締め・草履など着物を着る時に必要なものがたくさんあります。

とくに振袖の場合、他の種類の着物と違い、着物の柄に合う帯を探すのは大変です。

また、振袖に合わせて買った帯は、他の着物に合わせるのが難しいということもあり、一緒に売るのが高く買い取りしてもらうポイントといえます。

人気の色は高く売れる

振袖を色で選ぶ人も多いですよね。

そのため、色も買取額に影響します。

今も昔も、振袖の色の人気No.1は『赤』

需要が高いので、高く買取してもらえるポイントの1つです。

特に、赤地に裾が黒、金色の帯の組み合わせは最も人気の高い色味なので、買取額UPが期待できます。

次いで、黒。3位はピンクです。

人気の色は高く売れる

[人気No.1の赤い振袖][2番人気の黒い振袖][3番人気のピンクの振袖]

引用元:http://img20.shop-pro.jp/

人とかぶるのが嫌で、人が選ばない色を選ぶ人もいると思いますが、買取してもらう時には不利になることも・・・

しかし、あくまでも査定ポイントの1つです。

着物の状態や柄など他の査定内容と合わせて買取額は決まるので、着ないなら出来るだけ早く売りに出すのが一番です。

丈が長いほうが高くなる

昔の女性と比べて、現代の女性は身長が高い人が増えています。

そのため、丈の短い着物は買取してもらいにくいのが現状で、買取してもらえたとしても、買取額は低くなることが多いです。

ですから、丈が長いことも高く買取してもらえるポイントとなります。

長ければ仕立て直すことができるので、どれだけ丈を出せるかも買取額に影響してくるのです。

そもそも振袖とはどんな着物?

振袖とはどんな着物?

振袖とは、成人式はもちろん、冠婚葬祭などの最も改まった席で着用する、未婚女性の第一礼装で、格の高い着物のこと。

振袖には「大振袖(本振袖ともいわれる)」「中振袖」「小振袖」の3種類あり、袖の長さで格が変わり、袖が長いほど格の高い着物となります。

それぞれの袖の長さ

大振袖・・・・・3尺以上(およそ114センチ前後)で、目安はくるぶしくらいの長さ。

中振袖・・・・・2尺5寸前後(およそ100センチ前後)が一般的で、目安はふくらはぎの真ん中より下あたり。

ただし、時代と共に背が高くなってきていることと、手足が長くなってきていることもあり、袖丈も長くなってきています。

昭和後期(50~60年代)までは一般的な長さでしたが、平成初期(元年~10年代)は2尺8寸前後(およそ108センチ前後)最近では大振袖と同じ長さの物もあります。

小振袖・・・・・2尺前後(およそ75センチ前後)で、目安は膝上くらい。

※着物の1尺・・・およそ37.8センチ  1寸・・・およそ3.78センチ

振袖を着る場面
振袖を着たのは成人式だけという人も多いと思いますが、振袖は礼装として着れるのはもちろんですが、準礼装・略礼装としても着れる着物です。

ただし、袖丈によって着る場面が決まっているので、それぞれの振袖の着れる場面は違います。

振袖の種類ごとに着る場面

大振袖・・・・・最も格式が高い振袖で、5つ紋をつけ、全体に柄があしらわれている、絵羽模様(えばもよう)が正式とされていて、主に花嫁が着用。

しかし現在では、紋が省略されて成人式に着用する人も増えています。

また、格の高い着物なので、親戚や友人の結婚式・結納・お見合い・卒業式・謝恩会などに着ることも可能です。

ただし、結婚式や披露宴では、花嫁が振袖を着ることもあるので、一番格の高い大振袖を着る場合は、着用してもいいか事前に親族に確認することをおすすめします。

中振袖・・・・・一般的に成人式の着物として認識されているのが中振袖。
成人式以外でも、大振袖と同じように着ていくことができます。

中振袖の場合は格が下がるため、花嫁が振袖を着たとしても問題ありませんが、花嫁よりも目立つ色合いや柄行の場合は注意が必要です。

小振袖・・・・・小振袖は格が下がるので、結婚式や披露宴にはむいていません。
ただし、柄によっては着ていくことも可能。

袴をはいて卒業式に着用したり、謝恩会・観劇などの堅苦しくない場所に着ていくのにおすすめです。

【振袖の素材】

振袖の素材

振袖の素材は「正絹(しょうけん・絹100%)」がほとんどです。

しかし、近頃ではインクジェットの技術が進み、ポリエステルにも多色の印刷ができるようになり、正絹よりも安いうえに自宅で洗えるので、ポリエステルの振袖を選ぶ人も増えているので、正絹だけとは限りません。

まとめ

まとめ

着物を着る人は減っていますが、日本では成人の日に振袖を着る風習が根強く残っているので、毎年何万人もの人が着ます。

また、未婚女性の第一礼装ということもあり、結婚式に着る人も多いです。

そのため、振袖は買わなくてもレンタルするという人も多いので、着物のなかでも需要が高く、買取してもらいやすい種類の着物といえます。

買取してもらいやすい着物ということは、高くで売れることもあるということ。

大事にしてきた着物を、安く買い叩かれたくないですよね。

だから、着物の処分方法は色々あるけれど、きちんと着物の価値のわかる専門の業者に依頼するのが一番です。

着物買取専門業者は、査定だけでも大丈夫なところがほとんどで、費用も一切かかりません。

まずは、専門業者に依頼して自分の着物の価値を知って、上手に買取してもらうといいですね。

着物買取業者選びに迷ったらどうすればいい?

着物買取業者選びに迷ったらどうすればいい?

着物買取業者がたくさんありすぎて、どこを選べばいいのか迷ってしまいがち。

「着物売るガイド!」では、着物買取業者を徹底比較して特徴などを分かりやすくまとめたものを、ランキング形式で掲載しています。

着物買取業者選びに迷った時は、ぜひ一度チェックしてみてください!

おすすめの着物買取業者ベスト5を見る