浴衣は売れる?浴衣を売る時期と買取方法・相場価格を徹底解説!

2018年6月19日

浴衣は売れる?浴衣を売る時期と買取方法・相場価格を徹底解説!

浴衣といえば、夏の風物詩であり、気軽に着れる着物の一種。

普段、着物は着ないけれど、毎年夏になると1度は浴衣を着るという人も多く、着物に比べると安いので、持っているという人も多いですよね。

また、手頃な金額で買えるから、ついつい毎年買ってしまい、気がついたら浴衣だけで数枚持っているという人も・・・

そんな浴衣を、場所をとるから売りたいと思っている人もいると思います。

しかし、浴衣をどこに売ればいいのかわからない人や、そもそも浴衣は買取してもらえるのかと思っている人も多いはず。

そこでこのページでは、浴衣をどこに売ればいいか、買取相場・買取してもらえるポイントを紹介したいと思います。

浴衣を売りたいけれど買取してもらえる?

浴衣の買取相場はどれくらい?

着物は持っていないけれど、浴衣を持っているという人は多いと思います。

なかには、着物のように着物買取専門業者で浴衣も買取してもらえるの?と思っている人もいますよね。

大丈夫です。浴衣も着物の一種なので、買取の対象になっています。

ただし、近頃では、新品でも帯や下駄がセットになっているような安い浴衣が売られているので、買取してもらいにくいアイテムではあります。

しかし、浴衣によっては、しっかり買取額がつくこともあるので、あきらめずに着物買取専門業者で見てもらうことをおすすめします。

浴衣の買取相場はどれくらい?

では、気になる浴衣の買取相場はどれくらいなのでしょう。

浴衣の買取相場は、数百円から数万円と、とても幅が広いです。

その理由は、浴衣は基本的に綿素材ですが、ポリエステルのようなやすい素材のものから、麻や絹などの高級素材の浴衣もあるからです。

また、買取額が低くなる大きな要因として、着物は基本的に手縫いですが、木綿やポリエステルなどの浴衣は、ミシン縫いで大量生産され、安く販売されていることにあります。

そのため、買取相場は、ミシン縫いか手縫いかでも変わり、素材によっても買取相場が違ってくるのです。

ポリエステルのミシン縫いの場合は、ブランド浴衣でないかぎり数百円程度、綿や麻でミシン縫いの場合は千円程度、手縫いの場合で千円~5千円程度といわれています。

希少性の高い上布や絞り・縮などの高級浴衣の場合、数千円~数万円になることもあるようです。

ただし、買取相場はあくまでも目安で、状態がいいことが大前提です。

そのため、必ずしも相場価格で買取してもらえるわけではなく、低い価格になることや、買取してもらえないこともあります。

とくに浴衣は、綿や麻のものが多いので、自宅で簡単に洗濯できることもあり、何度も洗濯して状態が悪くなりやすいので、買取してもらえないことも多いのです。

高く売れる浴衣のポイント

高く売れる浴衣のポイント

浴衣は高く買取してもらいにくい種類ですが、浴衣によっては、高く売れるポイントもあるので、紹介します。

浴衣を高く売るなら6月・7月がおすすめ

なかなか高く買取してもらうのが難しい浴衣ですが、浴衣が着れる時期は限られているので、少しでも高く買取してもらうなら、購入する人が多い6月・7月ころに売るのがおすすめです。

とくに、竺仙(ちくせん)や三勝(さんかつ)といった老舗染色会社や有名デザイナーは、毎年新作を作っていて、その年にしか買えないものもあります。

手に入らなかった年の作品を中古で探す人もいるため、高く買取してもらえることがあるのです。

老舗店や百貨店の扱う浴衣は高く売れる?

竺仙や三勝といった、老舗店の浴衣は高く買取してもらえることのある浴衣の1つです。

毎年新作を作っていることもですが、なにより、受け継がれてきた高い染色技術によって手染めされているので、大量生産できないため、希少性が高いからです。

竺仙は、1842年(天保13年)創業の江戸染浴衣の老舗で、現代では独特な技術を活かし、江戸小紋も手がけています。

「浴衣なら竺仙」と言われるほど、老若男女を問わず人気があり、渋めの浴衣が多いのが特徴。

誰もが「一度は着てみたい」と、あこがれる浴衣ということもあり需要が高いので、高く買取してもらいやすいのです。

竺仙の浴衣には、下の証紙が反物時についているので、査定してもらう時に一緒に見せると買取額がUPすることも・・・

竺仙にも負けず劣らず人気が高いのが、三勝の浴衣。

三勝は、竺仙より50年ほど若く、1894年(明治27年)創業の染色会社です。

三勝の目印はひょうたんの商標が書いてある証紙で、証紙があれば高く買取してもらえる浴衣の1つといえます。

竺仙や三勝の浴衣は、百貨店でも扱っていますが、百貨店で扱う綿絽(めんろ)や綿紅梅の浴衣は、ノーブランドでも品質が高いものが多く、信頼があるので、高くなることがあります。

※綿絽・・・からみ織というレース状に織られた「絽」という透け感のある織物で、綿で織られたもののこと
綿紅梅・・・格子状に太い糸を織り込んだ生地に型染めした染物のこと
 

クリーニングしている方が高く売れる?

クリーニングしている方が高く売れる?

肌に直接触れる浴衣は、汗ジミや黄ばみになりやすいので、洗ってしまっていたとしても、シミや黄ばみが浮き出てくることがあります。

あまりに汚れが激しい場合は、買取してもらえないこともあるので、クリーニングしてからの方が買取してもらいやすいです。

ただし、クリーニングしたからといって必ず買取してもらえるわけではないので、買取してもらえないことや、買取額がクリーニング代にもならないこともあります。

伝統的工芸品は高く売れる

有松絞り染めや東京本染めの浴衣や、希少性の高い宮古上布(みやこじょうふ)の浴衣は高く買取してもらえることがあります。

有松絞りは、愛知県名古屋市緑区の有松・鳴海地域を中心に生産されている、絞り染めの名称のことで、国の伝統工芸品にも指定されています。

東京本染めは、日本の伝統的な染色技法の「注染(ちゅうせん)」という、染め上がりに裏表がなく両面染まっているのが特徴の染め方で、関東地方で染め上げたもののことをいいます。

日本でしか行われていない染色方法で、注染の多くの工程は、一つ一つ職人が手作業で行うため、大量生産できないので、希少価値が高く、買取額も高くなることが多いのです。

東京本染め

宮古上布とは、沖縄県の宮古島で織られている上布(麻織物の一種)のこと。

熟練の職人が織っても、1反織るのに2ヶ月以上かかる宮古上布は、上布の中でも最上級品で、希少性の高い織物です。

証紙があれば、高く買取してもらえます。

帯と下駄もセットにすると高く売れる?

帯と下駄もセットにすると高く売れる?

浴衣を着る時に必需品の、帯や下駄もセットで売ると、買取してもらいやすくなります。

浴衣に締める半幅帯は、もともと販売価格が高くないので、買取してもらいにくい帯なのですが、浴衣とセットにすることで、中古でそのまま売れる状態なので、全体の買取額がUPすることがあるのです。

それに下駄が付けば、セットでの買取額はさらにUPすることになるかも・・・

色や柄も重要!

カラフルで華やかな浴衣が多いですが、色や柄も買取に影響があります。

浴衣にもその年に流行している柄や色がありますが、買取してもらいやすいのは、白・紺・青を基調とした、朝顔や牡丹・紫陽花・あやめなどのオーソドックスな色・柄の浴衣。

もちろん、状態がいいことが最低条件ですが、流行りに左右されないので買取してもらいやすいようです。

とくに若い人は、洋服感覚で流行りの浴衣を選ぶ人も多いと思いますが、オーソドックスな色・柄でない場合、できるだけ早く売ることをおすすめします。

着なくなった浴衣の処分方法は?

着なくなった浴衣の処分方法は?

浴衣は他の着物ほど高くないからと、夏になるとつい買ってしまって何枚も持っているという人もいますよね。

家族の分を合わせると、場所を取るので処分したいと思っている人もいると思います。

着なくなった浴衣の処分方法は5つ。

【浴衣の処分方法】
・人に譲る
・リメイクする
・リサイクルショップに持っていく
・オークションやフリマアプリで売る
・着物買取専門業者に売る

人に譲る

に譲る

浴衣をお下がりで譲り受けたことがある人もいると思います。

しかし、浴衣は直接肌に触れるので、姉妹や親しい親戚の間ならいいですが、いくら洗濯していても、親しくない人には譲りにくいですよね。

また、手縫いの浴衣の場合、着る人のサイズに合わせて作られているので、サイズや好みが違うと、譲っても受け取ってもらえないこともあります。

リメイクする

リメイクする

昔は、着古した浴衣は、雑巾や赤ちゃんのおむつにリメイクされていましたが、今は、紙おむつが主流になり、おむつにする人はいませんよね。

綿の浴衣は扱いやすく、気軽に洗濯できるので、ワンピースやガウチョパンツ・スカートなどにリメイクすれば、夏にぴったりで可愛いです。

しかし、作る手間がかかるので、よほど洋裁が好きでないと、仕上げるのは難しいかも・・・

リサイクルショップに持っていく

リサイクルショップに持っていく

近くにリサイクルショップがあれば、持っていくだけでその場で現金が受け取れるので、不要のものを処分する時にリサイクルショップを利用する人も多いと思います。

いろんなものを扱っているので、気軽に利用できて便利ですよね。

しかし、浴衣をリサイクルショップに持っていくのはおすすめしません。

リサイクルショップには、専門の査定士がいないので、価値に関係なく枚数や重さでの買取になるから。

また、そもそもリサイクルショップで浴衣の買取をしているところは少ないので、買取してもらえないこともあります。

オークションやフリマアプリで売る

オークションやフリマアプリで売る

スマホが普及して、手軽に利用できるオークションやフリマアプリで浴衣を売ろうと思っている人もいるのでは?

オークションやフリマアプリなら、自分の希望金額で売ることができ、家に居ながらにして売りたいものが売れるので便利です。

しかし、近頃では、新品のものでも草履や帯がセットになっているものが安く買えるので、なかなか売れなかったり、売れても安くでしか売れないことも・・・

また、購入者からの問い合わせの対応や送ったりと、手間がかかります。

着物買取専門業者に売る

着物買取専門業者に売る

浴衣を処分するなら、着物買取専門業者がおすすめです。

着物買取専門業者なら、専門の査定士が1枚ずつていねいに査定して、きちんと浴衣の価値を判断したうえで買取してくれるから、納得して売ることができます。

また、買取業者は買取した着物の販路をたくさん持っているので、買取してもらえる着物の種類もさまざまなので、浴衣でも高額で買取してもらえることもあるからです。

【着物買取専門業者の買取方法】

着物買取専門業者の買取方法

着物買取専門業者の買取方法は「出張買取」「宅配買取」「持込買取」の3つ。

なかでも出張買取は、自宅に専門の査定士が来てくれるので、重い着物を持ち運ぶ必要がなく、出張費や査定費などの費用も一切かからないのでおすすめです。

出張買取では、目の前で1枚ずつていねいに査定が行われ、その金額になる理由をきちんと説明してくれます。

査定してもらったからといって、必ず売らないといけないわけではなく、万が一金額に納得できない場合は、キャンセルも可能で、キャンセル料も発生しません。

また、買取が成立すれば、その場で現金を受け取ることができるので、とても便利です。

しかし、知らない人が家に来ることに抵抗がある人や、家にいる時間を作れない人もいますよね。

そんな場合は、宅配買取がおすすめです。

宅配買取は、売りたい着物をダンボールに詰めて送るだけ。

気になる送料は、買取業者が負担してくれるうえに、用意するのがめんどうなダンボールも、無料で届けてくれるので便利です。

また、着物買取専門業者のなかには、店舗を持っているところもあるので、出かけるついでに買取してもらうことも可能。

ただし、店舗を持っている買取業者は少ないので、持ち込みできる地域は限られます。

持込買取の買取方法は、場所が違うだけで出張買取と同じなので、家の近くに店舗がない場合は、出張買取をおすすめします。

おすすめの着物買取専門業者

バイセル

バイセル

” おすすめポイント “

  • 申込みから自宅訪問まで最短30分!
  • 24時間365日いつでも申し込み可能
  • 他店で断られた着物でも買取OK!
買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
買取エリア 出張買取・宅配買取は共に全国
持込買取は東京本店・大阪支店・名古屋支店のみ
申込み方法 メールまたは電話
受付時間 24時間365日
手数料 一切不要
宅配買取のキャンセル時の返送料のみ自己負担
出張買取の対応曜日 平日・土曜・日曜・祝日
宅配買取ダンボール 無料のダンボールあり

バイセルの特徴

バイセルの買取方法は3つあり好きな方法を選べますが、なんといっても全国対応している出張買取がおすすめ。

バイセルの特徴は、とにかく対応が早いこと。

タイミングが合えば、即日の出張買も可能で、早ければ最短30分で来てくれることも・・・

24時間365日いつでも申し込め、土曜・日曜・祝日でも出張買取に来てくれるので便利です。

さらに、バイセルでは、汚れていても古くてもどんな種類や状態の着物でも査定してくれるので、他社で断られたものでも買取してもらえることもありおすすめです。

買取プレミアム

買取プレミアム

” おすすめポイント “

  • 他店より買取金額が1円でも安ければ全品返却が可能!
  • 出張買取は不安という人も安心!女性査定員の指名ができる
  • 取引後のアフターフォロー体制も万全!
買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
買取エリア 出張買取・宅配買取は共に全国
持込買取は東京本店・大阪支店・名古屋支店のみ
申込み方法 WEBまたは電話
受付時間 24時間365日
手数料 一切不要
宅配買取のキャンセル時の返送料のみ自己負担
出張買取の対応曜日 平日・土曜・日曜・祝日
宅配買取ダンボール 無料のダンボールあり

買取プレミアムの特徴

買取プレミアムはバイセルと同じ会社が運営している、姉妹のような買取業者です。

スピード重視の買取.jpに対し、丁寧できめ細かな対応をしているのが特徴で、高額買取にも力をいれています。

買取プレミアムの買取方法も3つありますが、やっぱり出張買取がおすすめです。

買取プレミアムの出張買取は、依頼者が女性の場合に限り、女性の査定士を指名できるので、一人暮らしの女性でも安心して申し込むことができます。

ヤマトク

ヤマトク

” おすすめポイント “

  • 宅配買取だから箱に詰めて送るだけ!
  • 全国どこでも対応可能!送料・査定・振込手数料が無料
  • かんざしや扇子などの和装関係、どんな小物でも買取可能!
買取方法 宅配買取のみ
買取エリア 全国
申込み方法 WEBまたは電話
受付時間 24時間365日
手数料 一切不要
キャンセル時の返送料のみ自己負担
宅配買取ダンボール 無料梱包キットあり

ヤマトクの特徴

ヤマトクは1990年(平成2年)設立のわりと古くから着物の買取をしている、実績のある宅配専門の買取業者です。

ヤマトクの特徴は、なんといっても24時間365日対応で、宅配なので、いつでも好きな時に自分のタイミングで買取をしてもらえるということ。

荷造りする時に意外となくて困るガムテープも、無料の宅配キットに入っているので、申し込んで箱に詰めて送るだけで、一切手間がかかりません。

もう一度ランキングを見る

浴衣とはどんな着物?

浴衣とはどんな着物?

浴衣の買取について紹介してきましたが、そもそも浴衣とはどんな着物なのでしょう?

浴衣は、夏に着る着物の一種で、単衣(ひとえ・裏地なし)仕立ての着物のこと。

もともとは、お風呂上がりに着る室内着として着られていたもので、昭和40年頃までは寝間着として着る人もいましたが、現代では、夏のおしゃれ着として着る人がほとんどです。

浴衣の主な素材は綿で、麻やポリエステルのものもあり、どの素材のものも薄く織られているので、涼しく着れるようになっています。

浴衣に締める帯は、男性の場合、年齢に関係なく兵児帯(へこおび)を結べますが、年齢によっては角帯を結ぶと粋に着こなせます。

女性の場合、大人の女性は半幅帯を結び、小学校3~4年生くらいまでは兵児帯、それ以上になると作り帯や半幅帯を結ぶのが一般的です。

しかし、近頃では大人用の兵児帯も売られているので、女性はさまざまな着こなしができるようになっています。

浴衣を着る場面

浴衣を着る場面は大きく分けて2つ。

1つは、誰もが思い浮かべたと思いますが、花火大会や縁日・盆踊りなどのお祭りやイベントに、おしゃれ着として着る。
 
浴衣を着る場面

もう1つは、旅館に泊まった時や入院中に、寝巻きやくつろぎ着として着ることがあります。

温泉地などで、浴衣に羽織姿で温泉街を楽しんでいるのを見たことがありますよね。

温泉地などで、浴衣に羽織姿で温泉街を楽しんでいるのを見たことがありますよね

ただし、入院中に着る浴衣は、すぐに前を開けるようになっていて、帯はせず右脇で紐をくくる甚平のようになっているので、外出できる作りになっていません。
     
ただし、入院中に着る浴衣は、すぐに前を開けるようになっていて、帯はせず右脇で紐をくくる甚平のようになっているので、外出できる作りになっていません。

着物と浴衣の違い

着物には、留袖・振袖・訪問着など、さまざまな種類があり「着物」はその総称のこと。

ですから、浴衣も着物の一種なので、着物と浴衣に違いはありません。

ただし、浴衣と夏着物には、違いがあります。

夏着物とは、浴衣と同じように夏の暑い時期に着る「薄物(うすもの)」と言われる、単衣仕立ての着物のこと。

その夏着物と浴衣の違いは、着方と素材にあります。

通常着物を着る時は、着物が直接肌に触れないように、長襦袢(ながじゅばん)や半襦袢(はんじゅばん)を着た上に着物を着ますが、浴衣は下着の上に直接着ます。(下の写真参照)

それは、素材の違いにあり、浴衣は主に綿でできていて透け感がありませんが、夏着物は絹や麻が一般的で、織り目が粗いこともあり、透け感があるので、長襦袢を着て着用するのです。

ただし、高級な浴衣に長襦袢を着て、夏着物風に着ることもあります。

また、浴衣は裾がくるぶしくらい、夏着物はかかとが半分隠れるくらいに着付けるのが特徴。

合わせる帯は、浴衣には軽く見えるように半幅帯を合わせますが、夏着物の場合、名古屋帯を合わせるのが一般的です。

そして、浴衣には素足に下駄を合わせますが、夏着物の場合は、足袋に草履や雪駄(せった)を合わせます。

まとめ

新品でも安く買えるので、浴衣の買取をしていないと思っている人は多いですが、浴衣も着物の一種で、着物は着ないけれど、浴衣は好きという人も多いので、意外と買取してもらえます。

着物は高価で着ていくところもないから買わないけれど、浴衣は毎年新作を買っているという人もいますよね。

しかし、手作りのものは、大量生産されないので、なかなか手に入れにくいので、買いそびれることもあります。

そんな人が、中古で探したりするので、浴衣によっては高く買取してもらえることがあるのです。

たしかに、買取してもらえないこともありますが、着物買取専門業者は査定費用や買取手数料など、費用が一切かからないので、とにかく見てもらうといいですね。

着物買取業者選びに迷ったらどうすればいい?

着物買取業者選びに迷ったらどうすればいい?

着物買取業者がたくさんありすぎて、どこを選べばいいのか迷ってしまいがち。

「着物売るガイド!」では、着物買取業者を徹底比較して特徴などを分かりやすくまとめたものを、ランキング形式で掲載しています。

着物買取業者選びに迷った時は、ぜひ一度チェックしてみてください!

おすすめの着物買取業者ベスト5を見る