黄八丈の着物は高額で売れる?買取相場と高く売るポイントについて解説!

2018年9月19日

黄八丈の着物は高額で売れる?買取相場と高く売るポイントについて解説!

持っている着物が、色鮮やかな山吹色の格子柄(こうしがら)や縞柄(しまがら)の着物なら、捨てたり安い金額で売ってしまってはいけません。後悔することになります。

なぜなら、その着物はもしかすると「黄八丈」という、伝統的工芸品に認定されている着物かもしれないから・・・

伝統的工芸品に認定されている正式名称は『本場黄八丈』で、東京都の八丈島原産の紬織の着物です。

伝統的工芸品に認定されている着物は、大量生産できないので希少価値が高く、高く買取してもらえることもあり、作るのに手間ひまがかかる本場黄八丈もその1つ!

そこでこのページでは、黄八丈がどんな着物か、買取相場や高く売るポイントなど、黄八丈について詳しく紹介したいと思います。

黄八丈の着物の買取相場はどれくらい?

黄八丈の着物の買取相場はどれくらい?

着物に詳しくない人にとっては、着物に種類があることを知らない人もいますよね。

着物には種類があり、種類によって買取価格が違うのです。

着物買取専門業者大手のスピード出張買取バイセル(元・スピード買取.jp)と福ちゃん・宅配買取専門業者の久屋が、公式サイト内で発表している買取相場は以下になります。

【バイセル買取相場】

着物の種類買取相場
作家物(有名作家物/人間国宝など)3,000円~800,000円
留袖(色留袖/黒留袖)2,000円~200,000円
振袖2,000円~500,000円
友禅(京友禅/加賀友禅/東京友禅/十日町友禅など)3,000円~500,000円
訪問着2,000円~500,000円
付け下げ2,000円~200,000円
紬(大島紬/結城紬/黄八丈紬/塩沢紬/牛首紬など)1,000円~500,000円
小紋1,000円~200,000円
色無地1,000円~50,000円

バイセルの公式サイトはこちら

【福ちゃん買取相場】

高価買取対象価格高価買取対象価格
振り袖10,000円~訪問着10,000円~
袋帯8,000円~7,000円~
黒留袖6,000円~小紋6,000円~
名古屋帯6,000円~人間国宝30,000円~
伝統工芸30,000円~

福ちゃんの公式サイトはこちら

【久屋買取相場】

久屋買取相場

久屋の公式サイトはこちら

上記の表の買取額は、あくまでも目安です。

買取業者ごとに査定ポイントがあり、総合的に判断して買取額が決められるので、必ずしも相場通りの金額がつくわけではなく、着物によっては相場価格を下回ることもあります。

黄八丈の買取実例

植物の栽培から始まる黄八丈の生産には手間ひまがかかり、黄八丈を織れる機屋(はたや)が少ないことから、今ではとても希少価値の高い紬となっています。

黄八丈の買取実例は、反物になりますが、3万円(六角堂)で買取されています。

黄八丈って何?

黄八丈って何?

黄八丈とは、八丈島の名前の語源にもなった絹織物のことで、現・東京都八丈島原産の紬織の一種です。

もともと絹織物が盛んな島で、この絹織物の長さが8丈あり、絹織物のことを島で「八丈絹」「丹後」と呼んでいて、米や農作物などに恵まれない島だったので、八丈絹を年貢として納めていました。

島の名前となったのは、この絹織物が島の経済を支えていたこともあり、美しい黄八丈を織る島として八丈島と名付けたんだとか・・・

現代のように、黄八丈と呼ばれるようになったのは戦後ですが、八丈絹は室町時代に誕生した、とても歴史の古い絹織物なのです。

今では、伝統的工芸品に認定されていて、東京都の重要無形文化財保持者に認定されている作家もいます。

伝統的工芸品に認定されている本場黄八丈には要件があり、以下になります。

【本場黄八丈 要件】
1,先染めの平織り又は綾織りとする。
2,よこ糸の打ち込みには、手投げ杼(てなげひ)を用いる。
3,染色は、手作業による浸染とする。この場合において、染料は、コブナグサ、タブノキ又はシイを原料とする植物性染料とし、媒染剤は木炭又は泥土とする

手投げ杼

[手投げ杼]

引用元:http://www.yuukitsumugi.com/

黄八丈の特徴は色鮮やかな明るい黄色

鮮やかな黄色がメインカラーの黄八丈ですが、黄色の他にも鳶色(とびいろ)といわれる茶系と、艶のある黒があり、この3色の濃淡や組み合わせで織られています。

黄八丈は、島に自生する植物を染料にしていましたが、主な色が3色なのは、染色に使える植物の色が3色しかなかったからとか・・・

黄八丈の代表的な色である黄色は、イネ科の一年草の八丈刈安(はちじょうかりやす:別名コブナグサ)を刈って干して煎じてできる煎汁で染められます。

鳶八丈の茶色となる原料には、島ではマダミと呼ばれるタブノキ(別名:イヌグス)の樹皮、黒八丈の黒の原料には、シイの樹皮を煮出した色素で染め上げられます。

黄八丈の有名作家

黄八丈の代表的作家というよりも、代表的一家といわれているのが「山下家」です。

黄八丈は室町時代から作られていましたが、山下家は江戸時代から黄八丈と深い縁のある家系で、現在でも江戸時代から受け継がれてきた染釜が使われていて、めゆ工房は八丈島で唯一の染織元となっています。

山下家の織りなす黄八丈は、化学染料を一切使わない技法を今でも守り続け、植物や泥によって出る自然の色合いが美しい紬です。

その山下家のなかでも、1897年(明治30年)に誕生した山下め由は、7歳の時に祖父から山下家に伝わる糸染めの秘法を伝授され、黄八丈の織だけではなく染にも従事し、後継者を育て現代に受け継いだ人物で、山下め由の黄八丈はとても希少価値が高く貴重です。

め由の娘の八百子(やおこ)と孫娘の芙美子も跡を継いでいて、八百子亡き後も芙美子が夫の誉とともに現在も黄八丈作りを守り続けています。

また、母のめ由と娘の八百子は、東京都指定の無形文化財技術保持者に認定されていて、八百子は東京都名誉都民にも選ばれていることもあり、二人の作品は価値が上がっています。

黄八丈はとにかく手間がかかるので希少価値が高い

黄八丈はとにかく手間がかかるので希少価値が高い

黄八丈は、八丈島に自生する草木を使って染色され、染色の時に使う灰を手作りし、手織りで作られているため、大量生産ができません。

また、黄八丈独特の色を出すために「ふしづけ」「あくつけ」「泥つけ」の3工程の染色が行われるのですが、1つ1つの工程にとても時間がかかります。

黄八丈に使われる糸作りは2~5年かかる?

黄八丈が織り上げられるまでに時間がかかる一番の理由は、糸作りに時間がかかるから。

黄八丈の糸は、八丈島に自生する植物によって染められているのですが、この染色に使う植物をまず栽培するところから糸作りが始まります。

それだけでも数ヶ月はかかりますよね。

しかし、糸の染色にも時間がかかり、最初の工程であるふしづけは、煮出した染料(ふしといいます)に糸を一晩浸け、それを天日で乾燥させるという作業を15~20回も繰り返し行います。

1回の作業に丸1日かかるとすると、この工程だけでも、また1ヶ月近くかかるわけです。

さらに、染色工程の後に、染まり方や艶を見ながら、色むらにならないよう数年かけて乾燥し、ねかして色を安定させるので、糸の完成までには数年かかるというわけです。

黄八丈はすべて手織りで、2通りの織り方がある

黄八丈はすべて手織りで、2通りの織り方がある

黄八丈は、織り子によってすべて手織りで織られていて、その織り方は2種類の方法があります。

黄八丈の一般的な織り方は平織で、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を1本おきに交差させる基本的な織り方の物がほとんどです。

しかし、もう1つ綾織という、斜線状の模様を織りなす織り方(斜文織・しゃもんおりともいわれる)で織られている黄八丈もあります。

糸を作るまでにも時間がかかり、すべて手織りのため、年間の生産量はとても少ない黄八丈のなかでも、綾織は高度な技術を要するため、生産量は極めて少ないといえます。

綾織の種類は、丸まなこ・めかご・市松織・本高貴(ほんごうき)・風通崩し・足高貴(あしごうき)とありますが、足高貴が一番複雑な織で高価です。

平織り

[左:平織り][右:綾織]

引用元:https://shikinobi.com/

黄八丈と秋田八丈・米沢八条の違い

秋田県の北秋田市で作られる秋田黄八丈と、山形県米沢市で作られる米沢八丈という、八丈島で作られている黄八丈にとてもよく似た織物があります。

どちらも、草木染めの絹織物なのは、黄八丈と同じですが、染色に使う植物が違い、染め上がった色合いや風合いさわり心地が違うので、八丈島で作られる黄八丈は「本場黄八丈」と、区別されています。

[秋田黄八丈]

秋田黄八丈

秋田黄八丈の製造起源は江戸時代で、秋田藩主が秋田絹を奨励し、文化年間(1804年~1818年)に、群馬県の桐生から蓼沼甚平(たでぬまじんぺい)を招き、江戸・京阪で売られるようになりました。

秋田黄八丈は、ハマナスの根皮を用いて染めた鳶色が主で、本場黄八丈よりもやや渋みのある色合いが特徴。

黄八丈の名前の由来でもある黄色には、本場黄八丈と同じカリヤスやヤマツツジ・ヤマモモで作った染料が使われています。

[米沢八丈]

米沢八丈

山形県米沢市で織られる絹織物の総称を「米沢織」といい、江戸時代の藩主・上杉鷹山(ようざん)が、桑や苧麻(ちょま)の植栽を奨励し、小千谷縮の技術を導入したのに始まり、黄八丈も織られるようになりました。

米沢の黄八丈は、1850年(嘉永3年)に坂田春五郎が技術を持ち込み、米沢八丈と名付けられ、米沢織に黄金時代をもたらしたのです。

米沢八丈と本場黄八丈の違いは見た目にも、丈夫さでも区別することができます。

米沢八丈は本場黄八丈と比べて、テカリがありサラッとしたさわり心地で、少しダークな色合いでくすんだ感じがします。

また、本場黄八丈はコシがあって丈夫なのに対し、米沢八丈は薄く、着ていると折り目が擦り切れて破れる折り切れをおこしやすいのが特徴です。

黄八丈の見分け方!

黄八丈の見分け方!

黄八丈は、鮮やかな黄色の格子柄のものが基本で、独特な色合いで見た目にわかりやすいですが、八丈島原産の本場黄八丈かどうかを見分けるには、証紙を確認するのが一番です。

本場黄八丈の証紙には、染色者名と機織者名が記載されていて、伝統工芸士に認定されている染色者の場合、伝統工芸士の証紙が貼られていることもあり、黄八丈織物協同組合が発行しています。

黄八丈の着物を高く売るポイント

黄八丈の着物を高く売るポイント

黄八丈の着物は、とても人気が高いのですが、手間がかかるうえに、染色職人や織職人の高齢化にともない職人の数が減っていることもあり、年間に織られるのはごくわずかです。

そのため、本場黄八丈の着物をはじめ、帯や反物はとても希少価値が高く、買取してもらいやすい紬です。

本場黄八丈の証紙があれば高く売れる?

黄八丈には、本場だけではなく秋田黄八丈や米沢八丈もあるため、証紙があるとないとでは買取額が変わることもあります。

証紙があると産地や品質の証明になるので、買取してもらいやすくなるだけでなく、買取額がUPすることもあるのです。

また、黄八丈は基本的に絹織物ですが、ウールの黄八丈もあります。

しかし、もともとウールの着物は買取していないところが多く、黄八丈でも買取してもらえないこともあります。

作家物の本場黄八丈は高く売れる?

八丈島で織られる黄八丈のなかでも、山下家のめ由・八百子・芙美子の織る黄八丈は、高く買取してもらえることのある作品です。

とくに、無形文化財に指定されている、め由と八百子の作品は希少価値が高く、高額になることもあります。

黒黄八丈は希少価値が高い?

黄八丈自体、とても希少価値が高く、買取してもらいやすい織物ですが、黄八丈以上に手間のかかる黒黄八丈が市場に出回ることは珍しいので、黒黄八丈なら高額になることも・・・

とくに、夏黄八の生産量は通常の黄八丈以上に少なく、黒ともなればめったに手に入らないものなので、高額が期待できます。

夏黄八

[夏黄八]

引用元:http://ichita.net/

平織りより綾織の方が高く売れる?

通常、黄八丈は平織りで織られていますが、綾織で織られている黄八丈もあります。

綾織には、いくつか種類がありますが(上記参照)、高度な技術を要する綾織のほうが、希少価値が高く、高く買取してもらえることも・・・

なかでも、綾織のなかでももっとも複雑な織の足高貴(あしごうき)だと、買取額がUPすることもあります。

箱入りの黄八丈は高く売れる?

黄八丈を売る時に証紙は重要ですが、さらに箱入りの場合、買取額がUPすることもあります。

箱入り 夏黒黃八

[箱入り 夏黒黃八]

引用元:https://images.b-static.com/

黄八丈を売るなら着物買取専門業者に任せるのが一番!

黄八丈を売るなら着物買取専門業者に任せるのが一番!

着物を売る時に、どこで売ればいいか迷う人は多いですよね。

[着物を売る方法]
1,リサイクルショップに持っていく
2,オークションやフリマアプリで売る
3,着物買取専門業者に売る

上記の3つの方法が多いのではないでしょうか?

しかし、この中で最もおすすめできるのは、着物買取専門業者です。

リサイクルショップ

そもそも着物の買取をしているところが少なく、買取してもらえたとしても、専門の査定士がいないので、着物の価値に関係なく買取されるので、損することもあります。

オークションやフリマアプリ

スマホで簡単に登録することができるので、撮影した着物をアップロードするだけで、家に居ながらにして着物を売ることができるので便利です。

しかし、一見手軽で簡単そうですが、購入希望者の質問への対応や送付などの手間がかかります。

また、ある程度着物の知識がないとトラブルになることも・・・

着物買取専門業者

専門の査定士がきちんと価値を判断して査定してくれるので、納得して売ることができます。

万が一、金額に納得がいかない場合も、キャンセルすることができ、手数料も一切かからないので安心です。

買取方法も「出張買取」「宅配買取」「持込買取」の3つあり、自分にあった方法で依頼することが可能。

出張買取や宅配買取なら、持ち運ぶ必要もないので、家にいながらにして着物を売ることができるので便利です。

数社の着物買取専門業者に査定してもらうといい

数社の着物買取専門業者に査定してもらうといい

着物買取専門業者とは、着物に関するものを専門に買取をして、独自に持っている販売先に売るといった、洋服でいう古着屋のようなものです。

着物買取専門業者は、とてもたくさんあり、買取業者によって買取した着物の販路はさまざまなので、欲しい着物も違い、買取額も違います。

そのため、同じ着物でも、高く買取してもらえるところもあれば、数百円にしかならないというところもあるのです。

たとえば、本場黄八丈の反物を3社に査定してもらった場合、A社は5万円・B社は3万円・C社は15,000円ということもあるということ。

たしかに、何度も対応するのは面倒かもしれません。

しかし、作家物の場合は金額がもっと大きく変わることもあるので、少し手間がかかっても、数社に依頼して納得のいく買取業者を見つけることが大事です。

買取業者の査定費用は一切かからないので、大事にしてきた着物を安く買い叩かれないためにも、複数の買取業者に見てもらいましょう。

まとめ

黄八丈の着物は、糸を作るまでに何年もかかり、染色者や織り子さんが少なくなってきているので、生産量の少ない、とても貴重な織物です。

江戸時代から変わらぬ技法で織り続けられている黄八丈は、今でもとても人気があり、親子3代が着れるといわれるくらい丈夫で、年月を重ねるほど美しくなるともいわれているので、買取業者でも買取を強化しているところもあるくらいです。

そんな黄八丈を、安く買い叩かれないためにも、まずは着物買取専門業者に依頼して、きちんと査定してもらい価値を知ったうえで、上手に売るといいですね。

着物買取業者選びに迷ったらどうすればいい?

着物買取業者選びに迷ったらどうすればいい?

着物買取業者がたくさんありすぎて、どこを選べばいいのか迷ってしまいがち。

「着物売るガイド!」では、着物買取業者を徹底比較して特徴などを分かりやすくまとめたものを、ランキング形式で掲載しています。

着物買取業者選びに迷った時は、ぜひ一度チェックしてみてください!

おすすめの着物買取業者ベスト5を見る