七五三の着物は買取してもらえる?買取方法と相場価格について徹底解説!

2018年6月19日

七五三の着物は買取してもらえる?買取方法と相場価格について徹底解説!

子供の成長をお祝いする行事の1つ七五三。着物を子供に着せる人もいますよね。

初めての子供だと、おじいちゃん・おばあちゃんが、レンタルではなく奮発して買ってくれるということも少なくありません。

でも、七五三の着物は1度しか着ないもの。

買ってもらったけれど、売りたいと思っている人もいると思います。

そこでこのページでは、七五三の着物はどこで売ればいいのか、買取してもらうコツや買取相場を紹介したいと思います。

七五三の着物の買取相場はどれくらい?

七五三の着物の買取相場はどれくらい?

七五三で子供に着物を着せる人もいますよね。

正直、七五三の着物は買取しているところが少ないので、相場もあまり高くはありません。

買取相場は、購入した時の金額の10分の1~5分の1と言われています。

購入価格は1万円~10万円台くらいが相場と言われているので、10分の1だと1,000円~1万円、5分の1だと5,000円~5万円ということです。

しかし、あくまでも正絹で状態のいいものの場合なので、素材や状態によっては、数百円にしかならないことや、買取自体してもらえないこともあります。

七五三の着物とはどんな着物?

七五三の着物とはどんな着物?

七五三は、子供の成長を祝い健康を願って、氏神様(神社)にお参りするという、日本の伝統的な行事の1つです。

男の子は3歳と5歳(地域によっては5歳のみ)、女の子は3歳と7歳にお参りするもので、多くの親が、子供に着物を着せています。

男の子の場合、3歳は着物に被布コートまたは羽織袴・5歳は羽織袴を着せ、女の子の場合は、3歳は着物に被布コート・7歳は振袖に丸帯または結び帯です。

七五三の着物の素材

七五三の着物を着る頻度

七五三の着物の素材は、昔は正絹のものがほとんどでしたが、近頃ではポリエステルのものも多く、レンタルする場合は、ほとんどポリエステルです。

また、七五三は一般的に11月15日に参拝するので、寒い地域だとウールの着物を着せることもあります。

七五三の着物を着る頻度

男の子の場合は、残念ながら七五三の着物は七五三で着る以外に使いみちがありません。

女の子の場合は、お正月やお雛祭りの時に着せてあげることができ、7歳の時に着るのは振袖なので、結婚式や小学校の卒業式に着ることができます。

また、女の子の7歳の時の振袖は、大人の着物と同じように仕立てた場合は、予想以上に背が伸びない限り、仕立て直して成人式でも着ることができます。

ただし、帯は替える必要があり、柄や色によっては成人式で着るには、若すぎることもあるので、注意が必要です。

兄弟・姉妹がいればお下がりで着せることができるので、数回着せることができますが、基本的には七五三の時にだけ着せるという人がほとんどです。

着なくなった七五三の着物の処分方法は?

着なくなった七五三の着物の処分方法は?

子供は年々サイズが変わるので、子供の着物はすぐに着れなくなるから、置いておいても場所を取るから処分したいという人もいますよね。

七五三の着物の処分方法は5つ。

【七五三の着物の処分方法】

人に譲る

人に譲る

兄弟姉妹や友達・いとこなど、年が近いと子供の年齢も近くなることが多いので、人に譲る人も多いと思います。

しかし、タイミングよく子供ができるとは限らないし、自分の子供と年がかぶったり、性別が違うと譲れないですよね。

リメイクする

リメイクする

子供の着物は鮮やかな色や華やかな柄で可愛いものが多いので、子供用のワンピースや小物にリメイクすると素敵ですよね。

また、サイズが小さいので、さらに小さく仕立て直して人形の着物にしたりする人もいます。

しかし、リメイクは手間がかかるので、よほど洋裁が好きでないと、自分でするのは難しいです。

リメイクしてくれるお店もありますが、意外と費用がかかるので、リメイクしてでも置いておきたい着物でないとおすすめできません。

リサイクルショップに持っていく

リサイクルショップに持っていく

「不要なものを処分するならリサイクルショップ」と、思っている人もいますよね。

特に子供のものは、すぐに必要なくなるものも多いので、近くにリサイクルショップがあれば、持っていくだけで現金に替えることができ、片付くので便利です。

しかし、リサイクルショップで着物の買取をしているところは少なく、買取していたとしても、専門の査定士がいないので、着物の価値ではなく、重さや枚数での買取のところがほとんどです。

オークションやフリマアプリで売る

オークションやフリマアプリで売る

スマホの利用者が増え、スマホで簡単にオークションやフリマアプリができるようになり、利用している人も多いのでは?

オークションやフリマアプリのいいところは、自分で値段をつけるので、希望の金額が付けれることですよね。

しかし、オークションやフリマアプリは、売れるまでに時間がかかる場合や、希望の金額では売れないこともあります。

また、購入者の問い合わせに対応したり、売れた時に梱包して送る手間もかかります。

着物買取専門業者に売る

着物買取専門業者に売る

七五三の着物の処分をするなら、まず着物買取専門業者に依頼してみましょう。

七五三の着物は、仕立て直しができないサイズなので、買取してもらいにくいのですが、費用が一切かからないので、価値を知るためにも、とにかく見てもらうことをおすすめします。

着物買取専門業者なら、専門の査定士が1枚ずつていねいに査定して、きちんと価値を判断したうえで買取してくれるから、納得して売ることができます。

また、買取業者は買取した着物の販路をたくさん持っているので、買取してもらえる着物の種類もさまざまなので、七五三の着物でも買取してもらえることもあるのです。

買取してもらえれば売ればいいし、買取してもらえなければ他の処分方法で処分すればいいんですから、買取業者に依頼してからでも、他の処分方法で処分しても遅くはないですよね。

【着物買取専門業者の買取方法】

着物買取専門業者の買取方法

着物買取専門業者の買取方法は「出張買取」「宅配買取」「持込買取」の3つ。

なかでも出張買取は、自宅に専門の査定士が来てくれるので、重い着物を持ち運ぶ必要がなく、出張費や査定費などの費用も一切かからないのでおすすめです。

出張買取では、目の前で1枚ずつていねいに査定が行われ、その金額になる理由をきちんと説明してくれます。

査定してもらったからといって、必ず売らないといけないわけではなく、万が一金額に納得できない場合は、キャンセルも可能で、キャンセル料も発生しません。

また、買取が成立すれば、その場で現金を受け取ることができるので、とても便利です。

しかし、知らない人が家に来ることに抵抗がある人や、家にいる時間を作れない人もいますよね。

そんな場合は、宅配買取がおすすめです。

宅配買取は、売りたい着物をダンボールに詰めて送るだけ。

気になる送料は、買取業者が負担してくれるうえに、用意するのがめんどうなダンボールも、無料で届けてくれるので便利です。

また、着物買取専門業者のなかには、店舗を持っているところもあるので、出かけるついでに買取してもらうことも可能。

ただし、店舗を持っている買取業者は少ないので、持ち込みできる地域は限られます。

持込買取の買取方法は、場所が違うだけで出張買取と同じなので、家の近くに店舗がない場合は、出張買取をおすすめします。

買取してもらえる七五三の着物のポイント

買取してもらえる七五三の着物のポイント

七五三の着物を買取してもらう、一番のポイントは、とにかく早めに売ることです。

妹や弟がいないなら、七五三のお参りが済めば、着せることはありませんよね。

しまいこむと、シミやカビになり売りたくても買取してもらえない状態になってしまいます。

また、七五三の着物には流行りの柄や色があるので、早く売ったほうが買取してもらいやすいです。

その他にも買取してもらえるポイントがあるので、そのポイントを紹介します。

高品質・ブランド物・作家物なら買取してもらえる?

高品質・ブランド物・作家物なら買取してもらえる?

七五三の着物は、七五三以外で着ることが、ほぼ無いのでレンタルする人が増えていますが、初孫だからとおじいちゃん・おばあちゃんが仕立ててくれることもありますよね。

仕立ててもらった着物が、正絹でブランド物や作家物だと、買取してもらえることもあります。

メゾピアノやジャパンスタイルといったメーカー・ブランドのもので、芸能人とコラボしている七五三の着物は人気があるので、買取してもらえることもあります。

七五三の着物は小さいといっても、正絹で友禅染のものもあり、有名作家が手がけていることもあるので、思いのほか高く買取してもらえることも・・・

また、京友禅着物の老舗・千總(ちそう)の七五三の着物なら、品質や信用度が高いので、高く買取してもらえることもあります。

帯や小物・草履をセットで売るほうが買取してもらえる?

帯や小物・草履をセットで売るほうが買取してもらえる?

七五三の着物は、七五三のときくらいにしか着ないので、買う人は必要な小物や帯もまとめて欲しいと思っていますよね。

そのため、着物1枚で売るよりも、一式になっている方が、トータルコーディネイトされているので、買取業者が再販する時にそのまま販売することができるので、買取してもらいやすいのです。

まとめ

着物を着なくなったといっても、子供の伝統的な行事に着物を着せる親は多いですよね。

七五三の着物もその1つ。

男の子も女の子も2度着る機会がありますが、サイズが違うので、年齢に合わせて買ったけれど、着るのは1度きりなので、捨てるに捨てれなくて保管したままになっている人も多いです。

七五三の着物は買取してもらいにくいですが、早めに売れば買取してもらえることもあります。

処分しようと思った時は、とにかく着物買取専門業者に出してみましょう。

買取してもらえないこともありますが、きちんと着物の価値を判断してもらえるので、納得して処分することができます。

着物買取業者選びに迷ったらどうすればいい?

着物買取業者選びに迷ったらどうすればいい?

着物買取業者がたくさんありすぎて、どこを選べばいいのか迷ってしまいがち。

「着物売るガイド!」では、着物買取業者を徹底比較して特徴などを分かりやすくまとめたものを、ランキング形式で掲載しています。

着物買取業者選びに迷った時は、ぜひ一度チェックしてみてください!

おすすめの着物買取業者ベスト5を見る