忠右衛門の着物買取の口コミや評判はどう?申込みの流れや特徴など徹底解説!

2019年1月8日

忠右衛門の着物買取の口コミや評判はどう?申込みの流れや特徴など徹底解説!

経験豊富で実績豊かな買取業者を探している人におすすめなのが『忠右衛門』

忠右衛門は、大正15年(1926年)創業の老舗着物リサイクル店で、査定歴40年のベテランスタッフの査定を受けることができます。

また、忠右衛門の買取方法は他とは違い、宅配買取だけでなく、委託預かりとチャリティーという方法があるので、本当に欲しい人に譲りたい人やチャリティーに興味ある人にもおすすめです。

そんな忠右衛門の買取方法や申込み方法などを、詳しく見てみましょう。

忠右衛門の公式サイトはこちら

忠右衛門(ちゅうえもん)とは

忠右衛門とは、1926年(大正15年)創業の、静岡県浜松市に本社を構える有限会社かねたが運営する、着物専門の買取事業部のこと。

有限会社かねたは、創業当時から呉服商を営み、長年つちかった目利きは確かで、現在も査定歴40年以上のベテランスタッフによる査定を受けられます。

また、忠右衛門のスタッフは、きもの好きの集まりで、着物を大事に扱ってくれるので、売るのも買うのも、安心して任せられる会社です。

忠右衛門のおすすめのポイント

  • 査定歴40年以上のベテランスタッフの査定を受けれる
  • 着物の専門店だから他のものの買取をせまられることがない
  • 1点1点丁寧に査定してもらえる
  • 委託預かりしてもらえる
  • 全国対応している

忠右衛門の申込みの流れ

忠右衛門の買取方法は、現金買取・委託預かりの2種類が公式サイトに記載されていますが、店頭での買取も可能です。

また、買取ではなくチャリティーという方法も選べるようになっています。

それぞれの買取方法の流れは以下になります。

【現金買取の申し込みから買取までの流れ】
忠右衛門の現金買取とは、宅配買取のことで、査定してもらいたい着物を忠右衛門に送って買取してもらう方法です。

忠右衛門の現金買取は、日本全国から送ることができ、電話連絡やメールなどの事前予約は必要ありません(沖縄県と離島は要問い合わせ)。

気になる送料は、忠右衛門が負担してくれるので、佐川急便の着払いで送ればいいだけです。

ただし、ダンボールの準備と万が一買取キャンセルした場合の返送費用は、自己負担になります。

また、佐川急便以外の運送会社を使った場合も、送料は自己負担になるので注意しましょう。

現金買取は、送ってしまうとどんな着物を送ったのか、何枚送ったのかを忘れてしまうこともあるので、トラブル防止のためにも、送る内容の詳細をメモしておくことをおすすめします(送るものの写真を撮っておくと尚いいですね)。

現金買取の流れ

梱包&集荷依頼

自分で用意したダンボールに、査定を依頼する着物と身分証のコピー、見積り依頼書を詰める。
※見積り依頼書は、公式サイト上にある「見積り依頼書」ボタンをクリックして出てきた画面をプリントアウトします。プリントアウトできない場合は、同内容をメモした用紙を手書きして入れてください

佐川急便に集荷依頼または最寄りの取次店、営業所に持込して着払いで発送。

忠右衛門から連絡&査定

到着次第、当日または翌営業日(量が多い場合は日にちがかかることあり)に専門のスタッフから査定内容についての詳しい説明のための電話が入ります。

※基本的に電話での連絡になるので、連絡の電話番号の記載必須

査定結果連絡&買取額受取

査定結果が出たら電話で連絡があります。

買取額に同意の場合、振込先金融機関を伝え、振込みしてもらいます。

買取額に同意しない場合は、送料自己負担で返品されます。

忠右衛門の公式サイトはこちら

委託預かりの申込みから買取までの流れ

忠右衛門には実店舗があり、買取した着物を脱臭・除塵(じょじん)・滅菌してリサイクル販売しています。

委託販売とは、その店舗内に売りたい着物を置かせてもらい、売れた金額を受け取れるという方法です。

忠右衛門の委託預りで販売できる着物は、とくに決まりはなく、基本的には着れる状態のものであればなんでも大丈夫です。

ただし、販売できるものかどうかを事前に判断されるので、委託預かりしてもらえないこともあります。

委託預かり期間は[4ヶ月間]で、開始は電話による「お預かり期間告知」の連絡を受けた時点です。

万が一、4ヶ月間で売れなかった場合は、3~4割引の販売価格で継続するか、買取または返品のいずれかを選択できます。

委托預かりの場合も、送料は忠右衛門が負担してくれるので、売りたい着物を送ればいいだけで、他に費用や手数料は一切かかりません。

ただし、販売できない場合や売れずに返品してもらう場合の送料は、自己負担になります。

委托預かりの流れ

梱包&集荷依頼

自分で用意したダンボールに、査定を依頼する着物と身分証のコピー、見積り依頼書を詰める。
※見積り依頼書は、公式サイト上にある「見積り依頼書」ボタンをクリックして出てきた画面をプリントアウトします。プリントアウトできない場合は、同内容をメモした用紙を手書きして入れてください。

佐川急便に集荷依頼または最寄りの取次店、営業所に持込して着払いで発送。

忠右衛門から連絡&査定

到着次第、当日または翌営業日(量が多い場合は日にちがかかることあり)に専門のスタッフから査定内容についての詳しい説明のための電話が入ります。
※基本的に電話での連絡になるので、連絡の電話番号の記載必須

委託預かり価格の連絡

委托預かりの販売金額を知らせてくれるので、話し合いのうえ金額を決めます。

売却後

▼売れた場合

4ヶ月満了時に売れた金額の連絡が電話であります。

振込先金融機関を伝え、振り込んでもらい受け取ります。
※振込手数料は忠右衛門が負担してくれます

▼売れなかった場合

期間の延長、買取、返品のいずれかを選択。

●期間延長の場合
販売価格を下げ、4ヶ月間延長。

●買取の場合
改めて査定され買取額を提示されます。

●返品の場合
送料自己負担で返送されます。

忠右衛門の公式サイトはこちら

【チャリティーの申込みから買取までの流れ】

返送してもらっても送料がかかるから引き取ってもらいたい・返送してもらっても捨てるだけだから有効利用したいという人におすすめなのが、チャリティーに出す方法。

「なんで忠右衛門で買取や引取をしてもらうと、チャリティーに出したことになるの?」と思った人もいますよね。

忠右衛門では、不要になった着物を忠右衛門直営店の「ブルーム」で、チャリティーセールを開いて売り、その収益を全額寄付しているから。

忠右衛門の募金先は、テレビCMで見たことがある人もいると思いますが「メイク・ア・ウィッシュオブジャパン」という、難病と闘う子供の夢を叶える活動をしているボランティア団体です。

チャリティーは、買取や委託預りしなくても利用することができ、忠右衛門に送る送料も負担してもらえるので、捨てるくらいなら送るといいかもしれませんね。

ただし、チャリティーに出す着物は、買取額がつかなかったもので構わないのですが、ウールの着物や汚れのひどい着物は、買い手がつかないので処分することが多いようです。

店頭買取の申込みから買取までの流れ

忠右衛門の公式サイトには店頭での買取は記載されていませんが、静岡県浜松市の中区にある、JR浜松駅から徒歩10分に位置する本店では店頭買取も行っています。

本店は、駐車場(6台)が完備されているので、量が多くても車で持ち込むことが可能です。

店頭買取は、事前に予約の必要はありませんが、買取専門の店舗ではなく、着物や帯・和装品の販売をしているので、接客中や他に持込がある場合は、待つこともあります。

また、営業時間は午前10時~午後6時(定休日:水曜日)となっていますが、持ち込みできるのは、午後1時~午後5時の間だけです。

忠右衛門・実店舗のご案内

忠右衛門で使える本人確認書類

忠右衛門の買取は、古物商法に則って行われているので、買取の際に本人確認が必須となっています。

そのため、現住所と生年月日が記載されている、写真付きで有効期限内の本人確認書類の提示またはコピーの提出が必要です。

引っ越しで、住所変更されている場合やパスポートの現住所の記載が別ページにある場合は、現住所の記載されている面の提示またはコピーも必要です。

忠右衛門で使える本人確認書

  • 運転免許証
  • パスポート(日本政府発行のもの)
  • 住民基本台帳カード(住基カード)
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
忠右衛門で使える本人確認書類

忠右衛門で着物以外に買取可能なもの

忠右衛門は、着物に特化した買取をしているので、骨董品や貴金属・ブランド品などの買取は一切行っていません。

しかし、着物に関する物の買取はしているので、帯や和装小物・長襦袢など、和装品で直接肌に触れるものとウール素材のもの・汚れのひどいもの以外ならなんでも買取しています。

古い着物だから・しみがあるからと買取してもらえないとあきらめている人もいると思いますが、古い着物でも価値の高いものもあり、まとめて売ることで買取額UPにつながることもあるので、まとめて見てもらうといいかもしれませんね。

忠右衛門Q&A

忠右衛門の公式サイトには載っていないQ&Aです。

※質問内容をクリックすると答えを表示します。

現金買取は何枚から送ってもいいですか?

1枚でも大丈夫ですが、査定金額が厳しくなると思ってください。

委託預かりで依頼して、4ヶ月たって売れなかった場合、買取してもらえますか?

大丈夫です。ただし、4ヶ月の途中での変更はできません。

委託預かりでは、どんな着物を売れますか?

基本的には着れる状態のものならお預かりしますが、預かった着物をまず査定し、販売できるものかどうかを判断させてもらっています。

委託預かりの金額はどのようにつければいいですか?

参考価格をお伝えして、相談した上で決定した価格で販売させてもらっています。

チャリティーには、どんな着物を出せるんですか?

買取額がつかなかった着物がほとんどです。

ウールの着物をチャリティーに出すことはできますか?

状態や柄などにもよりますが、ウールの着物は需要がないので、チャリティーセールでも売れないので、処分になる場合が多いです。

忠右衛門はこんな人におすすめ

  • 着物に特化したところで売りたい
  • 費用をかけずに委託販売したい
  • ベテラン査定士の査定を受けたい
  • 着物が好きで売っては買いをしている人
  • 捨てるのは忍びないからチャリティーに出したい

忠右衛門基本情報

会社名有限会社かねた きもの買取事業部「忠右衛門」
買取方法現金買取(宅配買取のこと)・委託預り・チャリティー
買取条件1枚からでもOK
買取エリア現金買取(宅配買取):日本全国
委託預り:日本全国
店頭買取:浜松の本店のみ
費用買取キャンセル時の返送費用のみ自己負担
受付時間インターネット:24時間365日
電話:午前10時~午後6時(定休日:水曜日)
店頭買取:午後1時~午後5時(定休日:水曜日)
ダンボールの有無なし
入金方法現金買取(宅配買取):銀行振込(振込手数料無料)
委託預り:銀行振込(振込手数料無料)
店頭買取:その場で現金の受取
キャンセル可能(キャンセル料無料)
クーリングオフ制度宅配買取のため適用外
古物商許可番号静岡県公安委員会 第491270002654号

忠右衛門の公式サイトはこちら